10台のみのブガッティ、最初の1台…1600馬力の『チェントディエチ』[詳細写真]

ブガッティ「チェントディエチ」
  • ブガッティ「チェントディエチ」
  • ブガッティ「チェントディエチ」
  • ブガッティ「チェントディエチ」
  • ブガッティ「チェントディエチ」
  • ブガッティ「チェントディエチ」
  • ブガッティ「チェントディエチ」
  • ブガッティ「チェントディエチ」
  • ブガッティ「チェントディエチ」

ブガッティの世界限定10台を生産する予定の新型ハイパーカー『チェントディエチ』(Bugatti Centodieci)の最初の1台が完成した。間もなく、顧客に届けられる予定だ。

チェントディエチは、ブガッティの創業110周年記念モデルであり、ブガッティが1990年代に生産した『EB110』へのオマージュとして開発された。車名のチェントディエチとは、イタリア語で110を意味している。

シロンをベースに専用ボディをデザインした。フロントには、馬蹄形のラジエーターグリルを装着した。新開発のフロントスポイラーは、フロントバンパーの3分割エアインテークに似合うようにデザインされた。ノーズは非常に低く、象徴的なブガッティホースシューは、低いノーズに合わせて小型化された。これらのデザイン要素により、EB110のモチーフを再現しているという。LEDデイタイムランニングライトを組み込んだヘッドランプは、スリムなデザインが特徴だ。

チェントディエチのミッドシップに搭載されるパワートレインは、シロンの8.0リットルW16気筒+4ターボがベースのエンジンだ。オイルクーラーに吸気口を追加することにより、エンジンの冷却性能を引き上げるなどの専用チューンを受けた。最大出力は1500hp/6700rpmから、1600hp/7000rpmに、100hp向上している。トランスミッションは7速デュアルクラッチ「DSG」で、駆動方式は4WDだ。チェントディエチはシロンに対して20kg軽量化されており、0~100km/h加速2.4秒、0~200km/h加速6.1秒、0~300km/h加速13.1秒の性能を発揮する。最高速は380km/h(リミッター作動)に到達する。


《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集