話題の新型メルセデスベンツ『GLC』、クーペも間も無く登場か…スタイリッシュなリアビューを目撃

メルセデスベンツ GLCクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLCクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLCクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLCクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLCクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLCクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLCクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLCクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLCクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

メルセデスベンツは6月に入り、主力クロスオーバーSUV『GLC』新型を発表したが、クーペタイプのSUV『GLCクーペ』もワールドプレミアの準備が整いつつあるようだ。

スクープサイト「Spyder7」が市街地で捉えたプロトタイプは、ボディ前後デザインをカモフラージュしディティールは不明だ。しかしテールの形状を除いてGLC新型と多くのボディパネルを共有、フロントエンドもほぼ共通のデザインが採用されるはずだ。

メルセデスベンツ GLCクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)メルセデスベンツ GLCクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

大きく異なるリアセクションは、リアスポイラーが一体化した滑らかなシルエットが、よりスタイリッシュな印象を与える。またスリムなLEDテールライトは、内部グラフィックがクーペ専用となる可能性が高い。

内部では、12.3インチのデジタルインストルメントクラスター、11.9インチのインフォテインメントスクリーン、オプションのカラーヘッドアップディスプレイ、ダッシュボード全体など、インテリアはGLCから引き継がれると思われる。異なるのは後部座席の限られたヘッドルームだが、流麗なスタイルと、より良い空気力学のために多少の実用性を犠牲にすることは、ターゲットグループにとって問題ではないことは明白だ。

メルセデスベンツ GLCクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)メルセデスベンツ GLCクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

パワートレインは、直列4気筒のみのラインアップになると予想されるが、最新情報では、直列6気筒ディーゼルの「GLC400d」がラインアップされる可能性があるという。また最大4.5度のリアアクスルステアリングも計画されており、取り回しの良さが向上。さらにエアサスペンションにより滑らかな乗り心地を実現するだろう。

GLCクーペ新型のデビューは2022年内に予定されており、2023年には高性能モデルのAMG「GLC43」と「GLC63」の登場も期待されている。前者は最高出力402ps、最大トルク500Nmを発揮、後者は最高出力670ps、最大トルク750Nmまで高められそうだ。

主戦場となる米市場ではインフィニティ『QX55』を初め、BMW『X4』、アウディ『Q5スポーツバック』などと競合する。価格はGLCより若干高価になることが予想される。

《Spyder7編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集