テラモーターズ、自治体にEV充電インフラを無料提供…100か所

テラモーターズ(ロゴ)
  • テラモーターズ(ロゴ)

テラモーターズは6月14日、自治体へのEV充電インフラ導入を開始するにあたり、100か所の自治体施設への無料提供を行うと発表した。

テラモーターズは、分譲マンションでの合意形成課題を解決する、導入無料のEV充電インフラ「テラチャージ」事業を2022年4月に開始した。テラチャージはEVの充電設備に加え、充電時間の設定や料金決済を行う専用アプリ、管理クラウドの開発から、充電設備の設置工事、ハードおよびソフトの管理運営までを一気通貫で提供する導入無料のEV充電インフラ。今回、分譲マンション以外への導入として、自治体への提案を進めていくことを決定した。

自治体ではこれまでもEV充電設備が導入されてきたが、故障や老朽化により継続利用が困難となり、廃止・撤去となってしまうケースが増加。また、新規設置の希望も増えている中、導入費用や管理工数の負担が大きいために、新規設置を進めづらい自治体も多い。

今回、テラモーターズは自治体へのEV充電インフラ導入を開始するにあたり、先着100か所の自治体施設に対して、EV充電インフラを無料導入。地域にとって重要なインフラとなるEV充電設備の入れ替え・増設・新規設置を進めることで、自治体が抱えるインフラ不足への課題解決と、地域住民への価値提供の実現を目指していく。


《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集