ロータスの新型車、『エミーラ』にサーキット仕様の可能性も 5月5日発表予定

ロータス・エミーラ(参考)
  • ロータス・エミーラ(参考)
  • ロータス・エミーラ(参考)
  • ロータス・エミーラ(参考)

ロータスカーズ(Lotus Cars)は5月3日、新型車を5月5日にワールドプレミアすると発表した。

ロータスカーズは、この新型車のティザー映像を配信した。ハッシュタグ「emira(エミーラ)」とともに、サーキット走行を思わせる映像を配信していることから、『エミーラ』のサーキット仕様が登場する可能性もある。

エミーラは、EVハイパーカーの『エヴァイヤ』のデザインの特長を導入した初めてのロータススポーツカーだ。ボディサイズは全長4412mm、全幅1895mm、全高1225mm、ホイールベース2575mm。目標車両重量は最も軽い仕様で1405kgとしている。

エミーラは、2つのガソリンエンジンから選択できる。テクニカルパートナーのメルセデスAMG製の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンと、『エキシージ』と『エヴォーラ』で定評あるトヨタ製の3.5リットルV型6気筒ガソリンをスーパーチャージャーで加給したエンジンだ。それぞれがロータスによって調整され、ユニークで独特のキャラクターを生み出すという。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集