トヨタ スープラ に新開発6速MT、「A91-MTエディション」は米国500台限定

トヨタ GR スープラ の「A91-MTエディション」(米国仕様)
  • トヨタ GR スープラ の「A91-MTエディション」(米国仕様)
  • トヨタ GR スープラ の「A91-MTエディション」(米国仕様)
  • トヨタ GR スープラ の「A91-MTエディション」(米国仕様)

トヨタ自動車の米国部門は4月28日、トヨタGRスープラ』の2023年モデルに、「A91-MTエディション」(Toyota GR Supra A91-MT Edition)を500台限定で設定すると発表した。

GRスープラ A91-MTエディションは、トランスミッションに新開発の6速MTを採用する。この6速MTは、ファイナルレシオを3.15(8速ATは3.46)とし、スポーツカーのパフォーマンスに適したレスポンスとギアリングを実現しているという。

また、シフト操作に必要な力を最小限に抑えるために、シフトノブの重量は200gとした。さらに、人間工学に配慮し、シフトノブとコントロールパネルの間に約43mmのクリアランスが生まれるよう、レイアウトにもこだわったという。

GRスープラ A91-MTエディションは、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジン搭載車に設定される。米国仕様の場合、最大出力は382hp/5800~6500rpm、最大トルクは50.9kgm/1800~5000rpmを発生する。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集