横浜のEVベンチャー、フィリピンでEVミニバスの納車を開始

EVミニバス
  • EVミニバス

アセンブルポイント(横浜市都筑区)は、3月3日からフィリピンにて、EVミニバス『スマートバス』の納車を開始した。

フィリピンは都市部の交通渋滞、大気汚染などが社会問題となっているほか、自動車産業が未成熟なため、ガソリン車を一足飛びしてEVに移行しやすい状況にある。このような社会・経済環境がEVミニバスの製造・販売にとって追い風になると判断し、フィリピンからEVビジネスをスタートすることとなった。

同社は2016年よりEVミニバスの研究・開発を開始。コロナの影響もあり、苦闘を強いられたが、昨年末に初めての受注を獲得。今年は量産の最終調整に取り組み、3月3日からEVミニバスの納車を開始した。

EVミニバスは全高222cm×全長367cm×全幅168cmで乗客数は10名。小型軽量バッテリーの採用で、広い室内空間の確保と車両の軽量化に寄与している。1充電あたりの走行可能距離は50kmだが、交換可能なスワップ方式を採用し、長時間連続運転を可能にしている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集