ボルボカーズ、EV向けワイヤレス充電技術をテスト…チャージ速度は急速充電器とほぼ同等

ボルボカーズのEV向けワイヤレス充電技術のテスト
  • ボルボカーズのEV向けワイヤレス充電技術のテスト
  • ボルボカーズのEV向けワイヤレス充電技術のテスト
  • ボルボカーズのEV向けワイヤレス充電技術のテスト
  • ボルボカーズのEV向けワイヤレス充電技術のテスト

ボルボ・カーズ(Volvo Cars)は3月3日、新しいワイヤレス充電技術を現実の都市環境に組み込んでテストを行うと発表した。

EVのボルボ『XC40リチャージ』が3年間にわたり、北欧地域最大のタクシー事業者の「カボンライン」のタクシーとして使用され、スウェーデンのイェーテボリにある複数の場所で、ワイヤレス充電を行う計画だ。

このワイヤレス充電テストは、戦略的イニシアティブの「イェーテボリ・グリーン・シティ・ゾーン」で計画されている多くのプロジェクトのひとつだ。このゾーンにおいて、市内の指定地域が持続可能な技術開発のための実地試験場として活用される。

テストで使用される充電ステーションは、ワイヤレス電気充電システムの主要プロバイダーの「モメンタムダイナミクス」によって提供される。対応する車両が道路に埋め込まれた充電パッドの上に駐車すると、自動的に充電が開始され、ドライバーは車から降りることなく充電を行うことができる。

充電ステーションは、充電パッドを通じてエネルギーを送り、それを車内の受信ユニットが拾う。ボルボカーズは、車両と充電パッドの位置合わせを容易にするため、360度カメラシステムを使用する予定だ。XC40 リチャージでは、ワイヤレス充電の電力は40kW以上となり、有線の11kW ACの充電器の約4倍、有線の50kW DC急速充電器とほぼ同等の充電速度が得られるという。

実験に使用されるボルボ車は1日12時間以上使用され、年間10万km走行する予定だ。ボルボカーズは、選ばれたパートナーとともに、将来のEVへの応用の可能性を評価する、としている。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集