ベトナム初の自動車メーカー、ビンファストの完全電動戦略…CES 2022でラインアップ発表

ビンファスト(CES 2022)
  • ビンファスト(CES 2022)
  • ビンファスト(CES 2022)
  • ビンファスト(CES 2022)
  • ビンファスト(CES 2022)
  • ビンファストVF5(CES 2022)
  • ビンファストVF6(CES 2022)
  • ビンファストVF6(CES 2022)
  • ビンファストVF7(CES 2022)

ベトナム初の自動車メーカー、ビンファストCES 2022(1月5~7日、米ラスベガス)に出展、完全電動戦略と完全電動車両ラインアップを発表した。ビンファストは2022年末までに内燃エンジン搭載車両の生産を停止し、研究開発の取り組みを完全電動パワートレインに集中する。

CES 2022でビンファストは、5つの市場セグメント向けに『VF5』(セグメントA)、『VF6』(セグメントB)、『VF7』(セグメントC)、『VF8』(セグメントD)、『VF9』(セグメントE)を発表した。VF8とVF9は、ロサンゼルスモーターショー2021で発表された『VFe35』と『VFe36』をそれぞれ改名したもの。これらの車名にあった接頭辞「e」の廃止は、電動車が特別な車種ではないという、完全電動化の方向性を明らかにしたものだ。デザインは5車種とも、イタリアのデザイン会社ピニンファリーナ&トリノが手がけた。

VF8とVF9には自動運転機能も備わっており、それぞれの「Eco」、「Plus」仕様はレベル2+、「Premium」仕様はレベル3-4となっている。

VF8とVF9は1月5日から予約を開始した。価格は、V8が米国で4万1000米ドルから、欧州で3万6133ユーロから、ベトナムで9億6100万ドンから。VF9は米国で5万6000米ドルから、欧州で4万9280ユーロから、ベトナムで13億1200万ドンから。

ビンファストは充電サブスクリプションプログラムも発表した。プランは「Flexible」(月間300マイル/500kmの基本料金、301マイル/501kmから追加料金)と「Fixed」(無制限の走行距離)の2種類だ。ビンファストによると同社のEVをドライブする月間費用は、ガソリン価格とほぼ同等になるという。さらにビンファストは車両搭載バッテリー維持費の全額もカバーし、充電・放電容量が初期の70%以下になった場合に交換に応じる。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース