ステランティス、全固体電池技術を共同開発…2026年までに市販車に搭載へ

フィアット 500e
  • フィアット 500e
  • プジョー e-208
  • シトロエン e-C4

ステランティス(Stellantis)は11月30日、全固体電池(ソリッドステートバッテリー)技術をFactorial Energy社と共同開発する契約を締結した、と発表した。この契約には、ステランティスから同社への戦略的投資も含まれている。

EVなどの電動車で主流のリチウムイオンバッテリーが液体を使用しているのに対して、ソリッドステートバッテリーは、液体を使わず固体で構成されるバッテリーだ。エネルギー密度や安全性などの面でリチウムイオンバッテリーよりも優れ、次世代のバッテリーとして注目されている。

Factorial Energy社は、米国のベンチャー企業だ。ソリッドステートバッテリーに関するテクノロジーを開発している。ステランティスは、2021年7月に開催した「EV Day」において、2026年までに全固体電池技術を市販車に搭載するという目標を発表した。今回の契約により、この目標の実現に向けた取り組みを加速させる。

ステランティスのカルロス・タバレスCEOは、「今回の契約により、全固体電池の市場投入までの時間を短縮し、ソリッドステート技術への移行を、より費用対効果の高いものにしていく」と述べている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース