ジープのWキャブ仕様ピックアップ『グラディエーター』日本初導入…価格は770万円

ジープ グラディエーター・ルビコン
  • ジープ グラディエーター・ルビコン
  • ジープ グラディエーター・ルビコン
  • ジープ グラディエーター・ルビコン
  • ジープ グラディエーター・ルビコン
  • ジープ グラディエーター・ルビコン
  • ジープ グラディエーター・ルビコン
  • ジープ グラディエーター・ルビコン
  • ジープ グラディエーター・ルビコン

FCAジャパンは、ジープのピックアップトラック『グラディエーター・ルビコン』を日本初導入し、11月30日より受注を開始した。価格は770万円(パールコート塗装車は775万5000円)。

グラディエーターは、1963年の初代登場以来、20年以上に渡り製造されたジープのピックアップトラック。その後、ジープ『コマンチ』など複数のモデルを経て、2018年にロサンゼルスオートショーで26年ぶりにジープの名を冠するピックアップトラックが復活。それが新型グラディエーターだ。

グラディエーターは、ジープの本格オフローダー『ラングラー・アンリミテッド』をベースに開発。ジープ伝統の7スロットグリルなど、ラングラーと共通のデザイン要素が与えられている。一方、ホイールベースはラングラー・アンリミテッドに対して480mm延長。5名乗車が可能なダブルキャブ(4ドア)ボディに広大な荷室を備える。車体の骨格には、悪路走破性や牽引能力に優れる伝統のボディ・オン・フレーム構造を採用。最新のマテリアルを投入し、ボディ剛性や耐久性にも有利な設計となっている。

日本導入モデルは、ジープ最強のオフロード性能を誇る「ルビコン」仕様で、前後デフロック機構や悪路走行時にサスペンションストローク量を増加させる電子制御式フロント・スウェイバー・ディスコネクトシステム、極低速走行を可能にする専用ローギア付ロックトラックフルタイム4×4システム、マッド&テレインタイヤなど、走破性を向上させる数々の専用装備を備える。さらに前方下部の映像を映し出すオフロードカメラや、FOX社製パフォーマンスショックアブソーバーを装備。実践的な悪路性能を高めている。

インテリアは、スマートフォンの接続も可能なオーディオナビゲーションシステム「Uconnect」をはじめ、サブウーハー付アルパイン製プレミアムスピーカー、レザーシート、前席シートヒーターなど快適装備を充実。リアシートの背後やシート下には収納スペースを確保し、日常の使い勝手を高めている。

ボディカラーは全9色。いずれもブラックまたはブラック/ダークサドルの2色のインテリアカラーとの組み合わせが可能となっている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース