マツダが新型車ティザー、「CX」シリーズか 11月15日にモデル発表へ

マツダ CX-30(北米仕様、参考)
  • マツダ CX-30(北米仕様、参考)
  • マツダCX-5(北米仕様、参考)
  • マツダCX-9(北米仕様、参考)

マツダ(Mazda)の米国部門は11月8日、新型車を11月15日に初公開すると発表した。この新型車のティザー映像を配信している。

ティザー映像からは、この新型車がクロスオーバーSUVであると分かる。マツダは2022年から、新型クロスオーバーSUVをグローバルで5車種投入する計画だ。5モデルの中で、米国向けとなるのが『CX-50』、『CX-70』、『CX-90』の3車種となる。

このうち、CX-50は、SUVらしい存在感やオフロード性能が求められる米国市場に向けて、新たなラインアップの中核として導入されるクロスオーバーSUVだ。『CX-30』などと同じく、マツダのスモールラインナップに属するという。

CX-50に関しては、米国アラバマ州のトヨタとの新合弁工場で生産されることが決定済み。すでにこの合弁工場では、トヨタが『カローラクロス』の生産を開始した。CX-50は、同じ工場で2022年1月から生産される予定で、カローラクロスと同クラスのコンパクトSUVになる可能性がある。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース