『WEST EXPRESS 銀河』が初めて四国へ…大阪-琴平間を昼行で往復 12月25-26日

2021年グッドデザイン賞のグッドデザイン・ベスト100とグッドフォーカス賞「地域社会デザイン」に選ばれたJR西日本の『WEST EXPRESS 銀河』が、12月に初めて瀬戸大橋を渡る。下りの琴平到着後には、JR四国の観光列車『四国まんなか千年ものがたり』への乗継ぎも予定されている。
  • 2021年グッドデザイン賞のグッドデザイン・ベスト100とグッドフォーカス賞「地域社会デザイン」に選ばれたJR西日本の『WEST EXPRESS 銀河』が、12月に初めて瀬戸大橋を渡る。下りの琴平到着後には、JR四国の観光列車『四国まんなか千年ものがたり』への乗継ぎも予定されている。
  • WEST EXPRESS 銀河
  • WEST EXPRESS 銀河
  • WEST EXPRESS 銀河

JR西日本とJR四国は10月27日、JR西日本の『WEST EXPRESS 銀河』を四国で運行すると発表した。

12月まで展開されているJRグループの「四国ディスティネーションキャンペーン」のクライマックスを飾る列車として、大阪から土讃線琴平まで乗り入れる。

運行日は下り大阪発が12月25日、上り琴平発が12月26日で、上下とも昼行となる。途中停車駅は、神戸・岡山・児島・丸亀(上りのみ)・多度津の各駅。

時刻は、大阪7時19分頃発~岡山11時23分頃着・11時55分頃発~多度津13時5分頃着・13時35分頃発~琴平14時5分頃着、琴平15時32分頃発~丸亀16時15分頃着・17時39分頃発~児島18時5分頃着・18時44分頃発~大阪22時2分頃着。

日本旅行の旅行商品として運行されるため、11月5日15時から先着順で申込みを受け付ける。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース