バスを見送ってポイントGET!…「密」を避けるアプリ ドコモ×東急バス

NTTドコモと東急バスは、バス車内の混雑緩和に向けた人々の行動変容を促す実証実験の第2弾として実証実験用アプリ「バス快適乗車案内」を9月16日から12月23日まで提供している。

実証実験は、東京都と神奈川県の東急バスの一部路線に乗車するアプリ利用者へ混雑回避を促すことで、バス車内の混雑平準化を図るもの。

アプリは、バス停で乗車を見送れば混雑度の低い「おすすめバス」が数分で到着すると見込まれる場合、それをプッシュ通知でアプリ利用者のスマートフォンに伝える。プッシュ通知に従って混雑しているバスの乗車を見送った場合、dポイントを進呈する。

「おすすめバス」の乗車案内には、ドコモが実用化に向けて検討を進めている行動経済学の「ナッジ」を活用したメッセージを配信、人の潜在ニーズに働き掛けることで、アプリ利用者が混雑を避け、少しでも快適にバス移動ができるよう後押しする。

実証実験の第1弾ではバス停のデジタルサイネージへメッセージを配信していた。今回はアプリの提供で利用者一人一人の状況やバス混雑度に合わせてメッセージを配信するため、より高い混雑緩和効果が見込まれる。

また、車内混雑が予想される時間帯に、周辺施設へ来店を促すメッセージ配信も計画している。
アプリを活用してバスの密を避ける行動変容を促進アプリを活用してバスの密を避ける行動変容を促進

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース