ジープ グラディエーター に開放的な「ハーフドア」、米国でオプション設定

ジープ・パフォーマンス・パーツが開発

ブラインドスポットモニタリングの作動に影響を与えないように設計

新車登録から3年間/走行3万6000マイルの新車保証が適用

ジープブランドは9月14日、米国向けの『グラディエーター』(Jeep Gladiator)に「ハーフドア」をオプション設定すると発表した。グラディエーターは、日本市場への導入も予定されているピックアップトラックだ。

ジープ・パフォーマンス・パーツが開発

このハーフドアは、「ジープ・パフォーマンス・パーツ」が開発したもの。ジープ・パフォーマンス・パーツは、純正オプションとして、200点以上をラインナップする。オフロードパフォーマンスのファン向けに特別に設計されたパーツとアクセサリーを擁している。

ジープ・パフォーマンス・パーツは2012年、ジープブランドのために、ステランティスの純正パーツを手がける「Mopar」によって設立された。ジープ・パフォーマンス・パーツは、オフロードファンに向けて、ハイエンドかつハードコアな品質のアフターマーケットアクセサリーとパフォーマンスパーツを提供する。

ジープ・パフォーマンス・パーツは、自動車メーカーの品質テストに合格しており、そのラインナップには、アクスル、リフトキット、バンパー、ウインチ、スキッドプレート、サスペンションコンポーネントなどがある。ジープ・パフォーマンス・パーツは、エンジニアリングや製品設計チームと緊密に連携して開発された。厳格な基準とアフターマーケットでは入手できないメーカー独自のデータを利用して、各パーツの色やフィット感、仕上がりに高い品質を追求している。ジープ・グラディエーター(米国仕様)ジープ・グラディエーター(米国仕様)写真をすべて見る

ブラインドスポットモニタリングの作動に影響を与えないように設計

米国では、新開発のハーフドアとアッパーウィンドウアセンブリが、グラディエーターのメーカーオプションとして利用可能になった。グラディエーターにハーフドアを導入することにより、ジープ史上、最高のオフロード性能を備えたピックアップトラックに、オープンエア体験をプラスするという。

ジープブランドが設計やテストを行い、ジープの属するステランティスの工場で生産されるハーフドアは、中型ピックアップトラックのグラディエーターのスタイリング、セキュリティ、乗員保護性能を維持しながら、運転体験を向上させる、と自負する。低いウィンドウを備えたハーフドアは、オンロードとオフロードで走行する際、視認性を向上させるという。

ジープグラディエーター向けの「デュアルドア」には、フルドアとハーフドアの両方が含まれている。米国では、グラディエーターの新車購入時に、Moparのカスタムショップを通じて購入できる。グラディエーターには、標準で軽量かつ高強度のアルミ製ドアが取り付けられている。交換用のボディ同色のアルミ製ハーフドアは、車内に収納することができる。

完成車と同じ素材と製造品質を備えた新しいハーフドアは、先進運転支援システム(ADAS)のひとつ、「ブラインドスポットモニタリング」の作動に影響を与えないように設計されている。通常のドアからハーフドアへの交換作業は、既存のヒンジ位置や同じ配線接続を使用するため、数分以内に済むという。ジープ・グラディエーター(米国仕様)ジープ・グラディエーター(米国仕様)写真をすべて見る

新車登録から3年間/走行3万6000マイルの新車保証が適用

また、新開発のアッパーウィンドウアセンブリは、耐候性を追求しており、脱着性に配慮したジッパー式プラスチックウィンドウを備えている。このアッパーウィンドウには、ベースグレードのソフトトップルーフ向けのビニール仕様と、プレミアムグレードのソフトトップルーフ向けのアクリル仕様の2つの素材が用意されている。

アッパードアフレーム部分には、工具なしで脱着作業が行えるデュアルガイドポストシステムを導入している。なお、ハーフドアとアッパーウィンドウアセンブリを装着した場合でも、新車登録から3年間/走行3万6000マイルの新車保証が適用される。

ジープブランド北米担当、ジム・モリソン副社長は、「オープンエアの自由はジープブランドの特長だ。2021年初めにラングラーに新しいハーフドアが導入されたのに続いて、グラディエーターの顧客にもオープンエアを受け入れる機会を提供する」と語っている。

《森脇稔》
【画像】ジープ グラディエーター に開放的な「ハーフドア」、米国でオプション設定(11枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース