ホンダ スーパーカブC125、環境性能向上の新エンジン搭載…ミッションは4速継承

ホンダは、原付二種のパーソナルコミューター『スーパーカブC125』に環境性能を向上させた新エンジンを搭載し、9月27日より販売を開始する。

スーパーカブC125は、スーパーカブシリーズ初代モデルの「スーパーカブC100」を彷彿させるスタイリングに、扱いやすく燃費に優れた空冷4ストロークOHC 125cc単気筒エンジンを搭載する。外観は専用アルミキャストホイールや各部に配したクロームメッキパーツなどで上品な印象を演出。また、省エネルギー性に優れたLED灯火器や、より便利にエンジン始動ができる「ホンダ スマート キーシステム」など、利便性や快適性も高めている。

新エンジンはロングストローク化を図り圧縮比を高めるなど、最高出力と燃費の向上を両立させるとともに、最新の「平成32年(令和2年)排出ガス規制」に適合させている。5速化した『モンキー125』と異なり、スーパーカブC125は4速ミッションを引き続き採用。足まわりには、フロントブレーキのロックを抑制し制動時の安心感に寄与する1チャンネルABSを標準装備した。

カラーバリエーションは、スーパーカブ初代モデルの印象を踏襲した「パールニルタバブルー」と、鮮やかな印象の「パールネビュラレッド」の全2色を設定。価格は44万円。別売りの純正アクセサリーには、「グリップヒーター」(2万0900円)と「ピリオンシート」(1万4300円)を新たに設定する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース