三菱ふそう、ニュージーランド市場に電気小型トラック『eキャンター』を本格投入

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は7月20日、電気小型トラック『eキャンター』のニュージーランド市場への投入開始を発表。FUSO製品の輸入と現地販売を統括しているFUSOニュージーランドを通じて販売を開始した。

初めてeキャンターを納車したニュージーランド企業は、大手エネルギー供給会社のジェネシス・エナジー社。同社は現在、約110台のトラックを国内の流通やカスタマーサービス業務のために運用している。2025年までに使用する車両の半分を電気自動車に切り替える目標を掲げ、カーボンニュートラルな走行を実現するeキャンターなどの導入により、排気ガス削減に努めている。

ニュージーランド向けのeキャンターは、ポルトガルのトラマガル工場から完成車として輸出され、日本や欧州で販売されているモデルと同じ標準仕様を備える。また、車両安定性制御装置(ESP)に加え、衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)や車線逸脱警報装置(LDWS)などの先進安全機能を搭載している。

今春、FUSOニュージーランドは、同国のエネルギー資源大臣およびエネルギー効率・保全局からeキャンターの運用試験のための助成金を受給した。以来、5台のeキャンターがオークランド市内に配備され、現地物流事業者による1年間の実証試験が行われている。この助成金は当初、年間総額600万~700万NZドル(約4億6000万円~5億3000万円)だったが、年間2500万NZドル(約19億円)まで拡大されるなど、ニュージーランドの脱炭素に向けた動きはさらに加速している。MFTBCは、各国政府が自動車の電動化への投資を強化する中、eキャンターの販売強化を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース