ジープの新型車、キーワードは「違いは大きい」…ティザー

ジープ(Jeep)ブランドは6月23日、「違いは大きい」と題したティザーイメージを公開した。ティザーイメージでは、ジープ『ラングラー』のリアに「47.4」の数字が確認できる。

現行のジープブランド車で、最もオフロード性能に優れるモデルが、ラングラーだ。ラングラーは米国仕様の2ドア「ルビコン」の場合、アプローチアングル44度、ランプブレークオーバーアングル27.8度、デパーチャーアングル37度というオフロード性能を備えている。

ティザーイメージの「47.4」の数字は、ラングラーのリアに配置されていることから、デパーチャーアングルを意味している可能性がある。現行ラングラーのデパーチャーアングル37度を、大きく上回る数字だ。

米国では、ラングラーと競合するオフローダーとして、フォードモーターのフォードブランドが、新型『ブロンコ』の生産を開始したばかり。「違いは大きい」とのフレーズは、競合車を意識している可能性もある。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース