ヤマハ トレーサー9 GT 新型発売へ、スポーツ性能とツアラーとしての機能性向上

ヤマハ発動機は、スポーツツーリングモデル『トレーサー9 GT ABS』をフルモデルチェンジし、7月28日より発売する。

トレーサー9 ABSは、「Multirole fighter of the Motorcycle」をコンセプトに開発したオールラウンドスポーツツアラーだ。エンジン・車体ともに大幅に進化・軽量化した『MT-09 ABS』をベースに、高いスポーツ性能と、ツーリングなど多用途に使える実用機能を磨きながら、軽量化技術を織り込み、同クラス最軽量級の車両重量を実現。また、新しい「トレーサー」の世界を提唱するスタイリングを採用している。

カラーはシルバー、レッド、マットグリーニッシュグレーの3色を設定。価格は145万2000円。

軽量化を図った新型3気筒エンジン搭載

2021年モデルの『MT-09 ABS』同様、888cc水冷4ストローク3気筒の平成32年排出ガス規制適合新エンジンを搭載。最高出力120.0ps/最大トルク93.0Nmを発生。ピストンやコンロッドなど、多くの主要パーツを新設計し、軽量化を図った。

燃料供給系も一新し、インジェクターは従来のシリンダーヘッド直付からスロットルバルブ側に取り付け位置を変更。噴射はバルブ傘裏方向とし、優れた燃焼効率を引き出す。こうした燃焼改善と軽量化により、燃費の改善を実現し、さらにクラッチレバーの操作荷重を低減することでスポーツツアラーとしての機能を高めた。

軽量CF アルミダイキャスト製の新フレームと専用リアフレーム/リアアーム

フレームは『MT-09』2021年モデルをベースに専用チューニング。ヘッドパイプ手前のステーや、シリンダーヘッド左右のエンジン懸架ブラケットを改良し、剛性バランスをスポーツツアラーとして最適化している。また、リアフレームを専用設計し、高速安定性やタンデム居住性を確保した。リアアームも専用設計し、アルミパネルを溶接したボックス構造で、高い剛性と軽量化を両立。トラクションをライダーに伝え、高速走行時、旋回時の安心感に寄与している。

ステーやブラケットの専用チューニングと合わせ、積載時の直進安定性、旋回性も向上。さらに純正アクセサリのサイドケース、トップケースの計3バッグを搭載可能とし、積載性も向上している。

独自技術による軽量アルミホイールと専用タイヤを装着

足元には、ヤマハ独自のSPINFORGED WHEEL技術による軽量ホイールを採用する。同社独自のアルミ材の開発と工法の確立により、鋳造ホイールでありながら鍛造ホイールに匹敵する強度と靭性のバランスを達成。従来モデルより前後で約1000g軽くなり、さらにリアの慣性モーメントはフロントで11%、リアが15%低減。俊敏な運動性能に貢献している。

タイヤはブリヂストンと共同開発した「BATTLAX SPORT TOURING T32」専用チューニングモデルを採用。優れたドライ性能、ウエット性能、耐摩耗性、高速走行時の直進安定性を発揮する。

新開発のIMUを採用、各種制御でライディングを支援

MT-09 2021年モデル同様、新開発の「IMU」(Inertial Measurement Unit)を搭載する。2015年モデル以降の『YZF-R1』で実績のある基本性能を維持しつつ、センサー構成を見直すことで50%の小型化、40%の軽量化を実現した。

ECUには、バンクの深さも反映する「TCS」、旋回をサポートする「SCS」、前輪の浮き上がり傾向を抑止する「LIF」、3種の制御システムを織り込んでいる。個々の制御は相互に連動して運転操作を支援し、マシンのポテンシャルを効率良く引き出す。各システムとも、介入レベル調整、およびON・OFF 設定が可能。また新装備となるコーナリングランプや電子制御サスペンションの制御にも使用している。

KYB製前後電子制御サスペンションでスポーツ性と乗り心地の両立

スポーツ性と乗り心地の両立を図るため、KYB社と共同開発の電子制御サスペンション「KADS(KYB Actimatic Damper System)」を採用。IMUとECU、「HU(Hydraulic unit)」の情報にもとづき、「SCU(サスペンションコントロールユニット)」が減衰レベルを最適化する。減衰力の調整機構には、同社初となるソレノイド駆動を採用。素早く、かつ大きく減衰力を調整できるため、優れた接地感やスポーツ走行時の高い路面追従性を実現している。

なお、ドライのスポーティな走りを主体にウエットにも対応できるモードと長距離走行時などでの快適な乗り心地を狙ったモードの2種類を用意する。

旅をするための機能を最優先したスタイリング

スタイリングは、MT-09が持つ凝縮感のあるプラットフォームをもとに、スクリーン、フロントカウル、ブラッシュガードなど最適なウインドプロテクションのための機構をコンパクトにまとめ、専用設計した灯火器の採用で、旅のための機能を最優先にしたデザインとしている。

またウインドプロテクションを向上させる新デザインスクリーンやフロントカウルで目的地へ向かう推進力を表現。コンパクトなブラッシュガードやフローティングさせた3.5インチダブルTFTメーターは、広い視界やハンドル切れ角の可動範囲の確保に貢献し、旅の中での軽快なハンドリングや風景を楽しめそうな雰囲気を醸し出す。

ツアラーとしての快適性と機能性をさらに高める充実装備と車体構造

約5km/h以上でバンク角が7度を超えると点灯する新作コーナリングランプを採用。ハイビーム、ロービームいずれの場合もイン側のコーナリングランプが点灯を開始し、バンクが深くなるのに伴い明るくなることでライダーの夜間走行をサポートする。

また、純正アクセサリーのサイドケース用のステーを装備。独自の制振技術を応用して、サイドケースの振動を減衰することで、サイドケース搭載時の高速安定性と旋回性を高次元で両立している。

3.5インチダブルTFTメーターは、左のメインメーターに、回転数に応じて色が変化するデジタルバータコメーター、燃料計、平均燃費、水温計、外気温計、シフトインジケーター、ETCカード挿入確認などの機能を搭載。また、クルーズコントロールシステムのセット速度もメーターで確認できる。右側のメーターでは各情報から4種を選び拡大表示が可能。良好な視認性を確保している。

新作のグリップウォーマーは、握りやすい形状のグリップ部に薄いラバーを用いることで、ヒーターの暖かさを伝わりやすくしている。リングスイッチで暖かさを10段階に調整でき、極寒季から夏季の早朝まで、環境変化に対して細かなレベル調整ができる。

そのほか、スクリーン高を5mm単位で10段階に調整可能な新デザインの大型フロントスクリーンや、コンパクト設計ながら防風効果も併せ持つブラッシュガードなど、ウインドプロテクション効果の高い装備を搭載している。加えて、シート高を『トレーサー900』より40mm低い810mmに抑えることで、疲れにくいライディングポジションを実現。またフットレストとハンドルバー、メインシートはそれぞれ2ポジションから選べ、ライダーの好みに合わせて調節できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース