市原市で超小型EVシェアサービスを開始へ…地域創生 出光興産

出光興産は4月20日、千葉県市原市と地域創生に関する分野で連携するため、4月30日に包括連携協定を締結するとともに、超小型電気自動車(EV)を活用したカーシェアリングサービス「オートシェア」を市原市内で展開すると発表した。

連携の第1弾として出光の関連会社の出光タジマEVが提供する超小型EV「ジャイアン」を、小湊鐵道の上総牛久駅前に2台設置し、市民と観光客の移動手段としてカーシェアリングサービスを提供する。

連携協定では、観光振興などの地域活性化や、地球温暖化対策推進、防災対策の推進に超小型EVなどの先進技術を活用することに取り組む。

出光はモビリティデータを活用したサービスを提供するスマートドライブ、位置情報ビッグデータと解析技術を用いた地域活性化支援ソリューションを提供するナイトレイとの協業で、地域の観光資源の最大化を図る取り組みを推進している。市原市でも車両の位置データや観光客が発信するSNSデータを組み合わせることで、観光客の移動をスムーズにするための施策や、隠れた名所・観光スポットに誘導を図る施策など、観光振興に取り組む。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース