スマートEVにマットブルーの「ブルードーン」、4月に欧州発売

マットベルベットブルーとグロスブラックでコーディネート

専用のBRABUS製シフトレバーとフロアマット

1回の充電での航続は最大159km

スマート EQ フォーツー・クーペ のエディション・ブルードーン
  • スマート EQ フォーツー・クーペ のエディション・ブルードーン
  • スマート EQ フォーツー・クーペ のエディション・ブルードーン
  • スマート EQ フォーツー・クーペ のエディション・ブルードーン
  • スマート EQ フォーツー・クーペ のエディション・ブルードーン
  • スマート EQ フォーツー・クーペ のエディション・ブルードーン
  • スマート EQ フォーツー・クーペ のエディション・ブルードーン
  • スマート EQ フォーツー・クーペ のエディション・ブルードーン
  • スマート EQ フォーツー・クーペ のエディション・ブルードーン

スマートは1月27日、EVの『EQフォーツークーペ』(Smart EQ Fortwo Coupe)に「エディションブルードーン」を設定し、4月に欧州市場で発売すると発表した。ドイツ本国でのベース価格は、2万8920ユーロ(約366万円)だ。

マットベルベットブルーとグロスブラックでコーディネート

エディションブルードーンは、スマートEQフォーツークーペの新しい特別モデルだ。特徴は、ボディパネルとトリディオンセーフティセルを、マットベルベットブルーで仕上げている点にある。

スマートEQフォーツークーペのエディションブルードーンでは、ボディパネル、トリディオンセーフティセル、リアバンパー、BRABUS製のサイドスカートがすべてマットベルベットブルーとなる。このマットベルベットブルーが、グロスブラック仕上げのフロントスポイラー、エアインレットグリルトリム、サイドスカートのアクセントトリムパーツ、BRABUS製の16インチのモノブロックアルミホイールとコーディネートされた。

グロスブラック仕上げは、リアディフューザーインサート、ドアミラーハウジング、フロントとリアのスマートレタリングにも施される。ファブリックカバー付きのルーフとラジエーターグリルも、ブラック仕上げとした。

なお、BRABUS製のアルミホイールと脱着可能なボディパーツは、ハイグロスブラック仕上げとマットベルベットブルー仕上げが選択できる。

専用のBRABUS製シフトレバーとフロアマット

インテリアには、専用のBRABUS製シフトレバー、「エディションブルードーン」の刺繍ロゴ入りのブラックベロアのBRABUS製フロアマットが装備された。

エディションブルードーンは、トリムラインの「パルス」と「プライム」をベースにしている。「Cool&Audioパッケージ」、デジタルラジオ、ヒーター付きシートなどが装備される。

インフォテインメントシステムは、スマートフォンとの連携を強化し、車内でもユーザーに、デジタル環境を提供する。8インチのタッチスクリーンを装備し、アップグレードにより、直感的なソリューションを手に入れることができる。スマートフォンのソフトウェアの更新で、新しいアプリが利用可能になるとすぐに、スマートの車載インフォテインメントにも反映される。

「スマートEQコントロールアプリ」は、ドライバーのスマートフォンにモビリティをもたらすものだ。車両の状態を遠隔で把握することができる。ドライバーは、車外にいながら、車両の航続とバッテリーの充電レベルを常に把握し、ドライブ計画が立てられる。また、アプリを介して、乗車前に車内の空調を作動させ、快適な室内空間を実現することも可能だ。

1回の充電での航続は最大159km

EVパワートレインは、リアにモーターを搭載する。最大出力は82hp、最大トルクは16.3kgmを引き出す。0~100km/h加速は11.6秒、最高速は130km/hの性能を備えている。

ダイムラーの子会社が開発・生産するリチウムイオンバッテリーの蓄電容量は17.6kWh。1回の充電での航続は、最大159km(NEDC:新欧州サイクル)とした。充電は230ボルトソケットを利用して、およそ3時間30分。急速充電機能を備えたオプションの出力22kWチャージャーを利用すれば、およそ40分でバッテリー容量の80%が充電できる。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース