JR西日本が伯備線で荷物輸送の実証実験…地域の農産品輸送を視野に 1月29日から

JR西日本岡山支社は1月21日、普通列車を利用した荷物輸送の実証実験を1月29日から開始すると発表した。

これは、晴れの国岡山農業協同組合(JA晴れの国岡山)やヤマト運輸と連携した、地域の農産品輸送を視野に入れたもの。初回の実験では伯備線の備中高梁14時27分発岡山行き普通列車の客室スペースを利用して実施。輸送の安全性を確認するため、宅配ボックスのみを輸送する。

JR西日本岡山支社では、この実験を経た2回目の実験から実際に農産品を輸送。駅ナカ店舗で販売することを検討するとともに、駅での農産品販売ニーズも調査する予定で、実験内容や回数、終了時期については、結果を踏まえて検討するとしている。
伯備線での輸送の流れ。初回の実証実験では宅配ボックスのみを輸送し、「貨物積載及び駅構内運送のオペレーションの安全性」「列車内での安全性及びお客様の利便性が担保されているかについて」を確認するとしている。伯備線での輸送の流れ。初回の実証実験では宅配ボックスのみを輸送し、「貨物積載及び駅構内運送のオペレーションの安全性」「列車内での安全性及びお客様の利便性が担保されているかについて」を確認するとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース