「地域交通グリーン化事業」で電動車両導入支援 国交省が事業を公募

国土交通省は1月18日、電気バス、プラグインハイブリッドバス、燃料電池タクシー、超小型モビリティの導入を支援する地域交通グリーン化事業の3次公募を開始すると発表した。

国土交通省では、環境に優しい電気バス、燃料電池タクシーなど、電動自動車の導入に補助金を支給する「地域交通グリーン化事業」を展開している。今回、2020年度3次公募として1月25日から1月29日まで、事業の補助対象を希望する事業者を募集する。

応募者の中から外部有識者による評価を踏まえ、予算の範囲内で補助対象者を認定する予定。

電気バス、プラグインハイブリッドバス、燃料電池タクシー、超小型モビリティの補助率は上限が導入費用の3分の1。電気バスは補助対象となる車両本体価格の上限8000万円とする。また、付随する電気自動車用充電設備も支援する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、価格165万円のEV『C+pod』を発売…2人乗りの超小型 画像 トヨタ、価格165万円のEV『C+pod』を発売…2人乗りの超小型
  • EVと充放電設備のセット購入で補助金80万円 12月21日から対象 画像 EVと充放電設備のセット購入で補助金80万円 12月21日から対象
  • 日産や東北電力など6社、EVなどを活用したVPP構築実証事業を開始 画像 日産や東北電力など6社、EVなどを活用したVPP構築実証事業を開始
  • ASV「先進安全自動車」を導入する運送事業者に補助 国交省 画像 ASV「先進安全自動車」を導入する運送事業者に補助 国交省

特集

おすすめのニュース