トヨタ博物館 クラシックカーフェスティバル、今年はオンラインで楽しもう 10月25日

トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)は10月25日、「第31回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を開催する。

今年はトヨタ博物館を会場とし、一般参加のクラシックカー約50台による公道パレードと、会場での展示・交流を行う。ただし、トヨタ博物館への入場は、長久手市在住者およびトヨタ博物館年間パスポート保有者に限定し、GAZOO公式YouTubeチャンネルおよびケーブルテレビ局「ひまわりテレビ(ひまわり11)」にて、イベントの様子をライブ配信する。

公道パレードでは、1990年以前に製造された日米欧のクラシックカーが年代順に出発し、長久手市内を一巡する。参加車両は参加者が個人で大切に保有してきた愛車で、7か国、24メーカー。パレードのスタート・ゴール地点はトヨタ博物館となる。また、午後のYouTube配信ではパレード参加者全員にインタビューを行い、愛車への思いを語ってもらう。

会場内の「レストアゾーン」では、トヨタGAZOOレーシングが「GRヘリテージパーツプロジェクト」として復刻したトヨタ 2000GT、A70/A80スープラの補給部品を展示する。

トヨタ博物館では、実際の会場に大勢の人を迎えることができない分、ライブ配信を通じてより多くの人にクラシックカーの魅力や、人とクルマの関係の温かさを感じてもらう、“密度の高い"イベントを目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース