メルセデスベンツ Gクラス に2020年型、盗難防止機能を強化…9月から生産開始

ワイドスクリーンコックピットを標準装備

2種類の盗難防止パッケージ

カスタマイズプログラムの選択肢を拡大

オフロード走行を支援する「Gモード」

メルセデスベンツは9月1日から、『Gクラス』(Mercedes-Benz G-Class)の2020年モデルの生産を開始すると発表した。

ワイドスクリーンコックピットを標準装備

2020年モデルでは、ワイドスクリーンコックピットが全車に標準装備された。また、従来は「レザーパッケージ」に含まれていたフレームレスのインサイドミラーは、2020年モデルから全車に標準装備されている。

「インテリアパッケージ」を選択すると、Gクラスのインテリアはさらにアップグレードされる。ウィンドウリフターのスイッチはシルバークロームとなり、サンバイザーはマイクロファイバーの「DINAMICA」仕上げとなる。黒いフロアマットも標準採用された。「AMGライン」を選択すると、ロゴ入りのフロアマットが装備される。

2種類の盗難防止パッケージ

「アーバンガード・ビークル・プロテクション」と「アーバンガード・ビークル・プロテクション・プラス」により、盗難防止機能が強化された。これは、従来の侵入および盗難防止アラームシステムに代わるものだ。メルセデスベンツ Gクラスメルセデスベンツ Gクラス

アーバンガード・ビークル・プロテクションでは、盗難防止警報システム、警報サイレン、盗難検知と駐車場の衝突検知が3年間無料で利用できる。アーバンガード・ビークル・プロテクション・プラスでは、盗難に遭った車両の位置を正確に特定する機能が含まれている。このサービスは、「メルセデスミー・コネクト」を使用した場合のみ3年間無料で、2020年の第4四半期(10~12月)から利用可能になる予定だ。

カスタマイズプログラムの選択肢を拡大

2020年モデルには、内外装を好みの仕様に仕上げるカスタマイズプログラム、「Gマヌファクトゥーアプログラム」の選択肢を拡大した。

たとえば、2020年モデル向けのGマヌファクトゥーアプログラムでは、ボディカラーに3つの新しいソリッドペイントを追加した。クラシックグレーユニ、ディープグリーンユニ、チャイナブルーユニだ。これらの3色は、およそ40年前から続くGクラスの伝統的なエクステリアカラーを思い出させるものだという。メルセデスベンツ Gクラスメルセデスベンツ Gクラス

オフロード走行を支援する「Gモード」

「ダイナミックセレクト」によって、路面や走行状況に応じて、瞬時に5つのドライブモードを切り替えることができる。エンジンやトランスミッション、サスペンション、ステアリング、先進運転支援システム(ADAS)の特性によって、「コンフォート」、「スポーツ」、「エコ」、「インディビジュアル」、「Gモード」の5モードが選択できる。

Gモードは、3つのディファレンシャルロックのいずれかを作動させる、または通常より2倍以上の駆動力を発揮するオフロード用低速ギアの「LOW RANGE」を選択した場合に有効になる。このオフロードモードは、シャシーの調整式ダンパーとステアリング、アクセル特性を変更し、不要なシフトチェンジを行わないことにより、最適なコントロールと最大限の悪路走破性を確保した。作動時には、小さな「G」のアイコンが、インストゥルメントクラスターに点灯する。

選択したドライブモードに応じて、「コンフォート」、「スポーツ」、「オフロード」の3種類のステアリング特性を切り替えることができる。オンロードでは快適かつスポーティな操舵感が確保される一方、未舗装の不整路では直接的で正確なフィードバックが得られる。さらに、いずれの場合も、充分なパワーアシストが行われる。

伝統の悪路走破性は健在だ。フロントアクスルのダブルウイッシュボーンは、サスペンションのサブフレームを介さず、ラダーフレームに直結させた。リアはリジットアクスルとした。悪路走破性の高さを示すアプローチアングルは31度、デパーチャーアングルは30度、ランプブレークオーバーアングルは26度と、先代比でそれぞれ1度向上した。最低地上高は241mmとしている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース