ドイツの高性能3車に挑む、中国製スポーツセダン…2020年内に発売予定[動画]

中国の吉利汽車(Geely Auto)は8月20日、2020年内に発売予定の新型スポーツセダンの『プリフェース』(Geely Preface)のティザー映像を、公式Twitterページを通じて公開した。

中国の自動車大手の浙江吉利控股集団の子会社が吉利汽車だ。浙江吉利控股集団は2010年、ボルボカーズを傘下に収めた。2017年には英国のスポーツカーメーカー、ロータスカーズも傘下に収めるなど、拡大路線を歩んでいる。また、浙江吉利控股集団は2018年2月、ダイムラーの全株式の9.69%を取得し、筆頭株主になった。ダイムラーとの間で折半出資による合弁会社を設立し、次期スマートのEVを共同開発することも決まっている。

この吉利汽車の新型スポーツセダンとして、2020年内に発売されるのが、プリフェースだ。プリフェースには、ボルボカーズと共同開発された「CMA」車台を使う。CMAとは、「コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー」を意味する。ボルボカーズが小型車用に開発した新しいプラットフォームだ。

プリフェースのティザー映像には、ポルシェ『パナメーラ』、BMW『M4クーペ』、メルセデスAMG『C63クーペ』を起用した。ワインディングロードにおいて、ドイツプレミアムの3台の高性能モデルに勝負を挑むという内容だ。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース