VWの電動コンパクトSUV『ID.4』、市販モデルを発表へ…今後数週間以内に

MEBプラットフォームをベースに開発

1回の充電での航続は最大500km

手頃な価格で運転するのが楽しいEVが目標

フォルクスワーゲンは8月18日、新型電動コンパクトSUVの『ID.4』(Volkswagen ID.4)の市販モデルを、今後数週間以内に初公開すると発表した。

ID.4はフォルクスワーゲンの新世代EVの「ID.」ファミリーの2番目のモデルだ。第1弾は、小型ハッチバックの『ID.3』だった。ID.4は、2017年春に発表されたコンセプトカーの『ID.CROZZ』の市販バージョンとして開発され、フォルクスワーゲン初の本格的な電動SUVになる。

MEBプラットフォームをベースに開発

ID.4は、世界最大の市場セグメントに成長しているコンパクトSUVセグメントに投入するために開発された。ID.3と同様、高い拡張性を持つ「モジュラーエレクトリックツールキット(MEB)」プラットフォームをベースにしている。フォルクスワーゲンによると、ID.4はコンパクトなサイズ、広い室内、スポーティなキャラクター、直感的な操作方法、完全なコネクテッド機能など、ID.ファミリーのすべての長所を備えているという。

ID.4は、力強いスタイル、先進的な機能、ゼロエミッション走行という特長を持つ。車名の数字の「4」は、コンパクトSUVセグメントを代表するニューモデルを意味する。ID.4は『ビートル』、『ゴルフ』に続いて、フォルクスワーゲンにおける重要な歴史の扉を開いた第3のエポックメーキングモデル、ID.3に続く新型車、との意味が込められた。また、「ID.」とは、インテリジェントなデザイン、アイデンティティ、時代を先取りしたテクノロジーを表している。

1回の充電での航続は最大500km

洗練された空力性能を備えたID.4のエクステリアは、MEBの革新的なアーキテクチャーを表現しているという。短いフロントオーバーハングと長いホイールベースによって、室内には広いスペースが生み出された。ドライバーと乗員は、「オープンスペース」と呼ばれる広々とした明るいスペースで、リラックスすることができる。

ID.4では、数多くのモジュラー駆動コンポーネントを利用することができる。まず初めに、後輪駆動モデルが発売され、その後パワフルな4輪駆動モデルが追加される予定だ。

高電圧バッテリーはパッセンジャーセルの下に設置されているため、低い重心とバランスの取れた軸荷重配分を実現した。バッテリーの充電は、AC(交流)、DC(直流)、三相交流で行うことができる。駆動パッケージによっては、1回の充電で最大500km(WLTP計測)を走行することが可能だ。

モーターは、シングルスピードのトランスミッションを介してパワーを路面に伝達する。よりスポーティな加速を可能にする走行モードや、エネルギー節約に役立つ走行モードを設定できる。多くのモードが、車両の航続を延ばすように設計されている。

手頃な価格で運転するのが楽しいEVが目標

フォルクスワーゲングループは2050年までに、グローバルビジネスをカーボンニュートラルにすることを目指しており、EVの販売増がこの目標達成に重要だ。2025年までに、フォルクスワーゲングループは米国テネシー州チャタヌーガの米国工場を含めて、全世界で年間およそ150万台のEVを生産する計画だ。

米国では、EVの販売エリアは主に、カリフォルニア州など特定の州に限定されている。また、EVの選択肢も、高級車がメインだ。フォルクスワーゲングループは、ID.4を皮切りに、今後数年間に複数のEVを米国で発売し、これを変えることを目指している。これらのEVは、手頃な価格で運転するのが楽しいものになる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース