ヤマハ YZ250F、エンジン性能向上…ワークスマシンをイメージした限定カラーも登場

ヤマハ YZ250F モンスターエナジー ヤマハレーシングエディション
  • ヤマハ YZ250F モンスターエナジー ヤマハレーシングエディション
  • ヤマハ YZ250F モンスターエナジー ヤマハレーシングエディション
  • 吸気ポート、カムプロフィール変更などで性能向上を図ったエンジン(ヤマハ YZ250F)
  • 軽量化と剛性バランス最適化を両立したフレーム(ヤマハ YZ250F)
  • キャリパーやパッドの変更で性能を向上させたブレーキ(ヤマハ YZ250F)
  • ヤマハ YZ450F
  • ヤマハ YZ450F
  • ヤマハ YZ125

ヤマハ発動機は、モトクロス競技用「YZシリーズ」2021年モデル8機種を10月9日および30日に発売する。

『YZ250F』は、マイナーチェンジによりエンジン性能を向上させた。吸気ポート変更により混合気の吸入量を増加させ、カムプロフィール変更によってワークアングルのオーバーラップを減らし、出力向上に貢献。またカムチェーンに耐摩耗性と信頼性を高めるバレル研磨加工を施し、テンショナーにはコイルスプリングの特性を最適化ことで、高回転域でのカムチェーンに対する追従性を向上させた。

また、エアクリーナーボックスのキャップケースにダクトを開け、吸入効率を向上。さらに内部のファンネル廃止と吸気の管長をショート化したことにより、高回転域でのパワー向上に寄与する。さらに、高回転域のパワーとサウンド、消音効果を高次元でバランスさせた新型サイレンサーを採用。容量拡大と減衰特性のチューニングを施すことで、低周波中心のトルクフルなサウンドを活かしながら高周波のノイズ感を抑え、高回転時の滑らかなエンジンフィーリングにも貢献する。

フレームは、『YZ450F』(現行モデル)と同型のバイテラルビームタイプを採用した。タンクレールの薄肉化とダウンチューブの肉厚化を行いながら、軽量化と剛性バランス最適化を両立。さらにエンジンを搭載するブラケット類のセッティング調整を重ね、バンプ通過時の滑らかな車体挙動を実現している。

フロントブレーキはピストン大径化、キャリパー形状刷新などでパッド接触面の拡大を図り、制動力とコントロール性を向上。リアブレーキはキャリパーとローターを変更、軽量化と熱容量バランスの最適化により熱歪みを抑え、安定した制動力を発揮する。

クラッチは、ハウジング外郭部の厚みを増すことで17%強度向上を図り、力強いエンジンパワーを確実に路面へと伝達。トランスミッションは、3・4速ギアに表面強度を高めるショットピーニング加工を施し、エンジン性能に対する信頼性を向上している。

YZ250FをはじめとするYZシリーズ2021年モデルは、共通コンセプトの新カラー&グラフィックを採用。さらにYZ250Fには受注期間限定カラーとして「モンスターエナジー ヤマハレーシングエディション」を設定し、ファクトリーマシンのカラーリングイメージを再現している。

価格はYZ250Fが91万3000円、同モンスターエナジー ヤマハレーシングエディションが92万4000円。YZ450Fが107万8000円、YZ250が73万7000円、YZ125が62万7000円、YZ85LWが51万7000円、YZ85が50万6000円、YZ65が49万5000円。YZ450F/250Fは10月30日発売、そのほかは10月9日発売となる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ナップス、モトクロス界の絶対王者・成田亮選手とスポンサー契約を締結 画像 ナップス、モトクロス界の絶対王者・成田亮選手とスポンサー契約を締結
  • 市販モトクロッサーにも「トルクコントロール」搭載、そのねらいとは…ホンダ CRF450R 開発者に聞いた 画像 市販モトクロッサーにも「トルクコントロール」搭載、そのねらいとは…ホンダ CRF450R 開発者に聞いた
  • チームHRC 山本鯨、全日本モトクロス選手権 最高峰クラスでチャンピオン獲得 画像 チームHRC 山本鯨、全日本モトクロス選手権 最高峰クラスでチャンピオン獲得
  • ホンダ CRF450R/RX フルモデルチェンジ…エンジン細部見直しや新設計フレームなど 画像 ホンダ CRF450R/RX フルモデルチェンジ…エンジン細部見直しや新設計フレームなど

特集

おすすめのニュース