250マルチ復活、Ninja ZX-25R 9月10日発売決定…価格は82万5000円より

カワサキ Ninja ZX-25R SE KRTエディション
  • カワサキ Ninja ZX-25R SE KRTエディション
  • カワサキ Ninja ZX-25R SE KRTエディション
  • カワサキ Ninja ZX-25R SE
  • カワサキ Ninja ZX-25R
  • 吸気効率とエンジン性能を高めるセンターラムエアシステム
  • カワサキ Ninja ZX-25R
  • カワサキ Ninja ZX-25R
  • カワサキ Ninja ZX-25R SE

カワサキモータースジャパンは、250cc唯一の4気筒エンジンを搭載するスーパースポーツ『Ninja ZX-25Rシリーズ』を9月10日より発売する。

開発・生産コストの高さや排ガス規制への対応問題により、250ccクラスから4気筒エンジンが姿を消して早10年以上が経過。カワサキでは『バリオスII』以来、13年ぶりとなる、待望の4気筒エンジンモデルが復活する。

Ninja ZX-25Rは、完全新設計の水冷4ストローク並列4気筒エンジンを搭載する。吸気効率とエンジン性能を高めるセンターラムエアシステムと相まって、最高出力45psを発生。1万7000rpm以上の高回転域を誇る、250マルチの官能的なエキゾーストサウンドがライダーを刺激する。

また、並列4気筒エンジンのパフォーマンスを最大限に引き出す、新設計の高張力鋼製トレリスフレームに加え、SFF-BPフロントサスペンションやホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションをクラス初装備。KTRC(カワサキトラクションコントロール)やオートブリッパ-付きのKQS(カワサキクイックシフター:SEに標準装備)をはじめとする数多くのライダーサポートシステムを搭載する。

外観はNinja ZXシリーズ共通のアグレッシブなスタイリングを継承し、鮮明な視界を確保するツインLEDヘッドライトを装備。ハイクラスなイメージで多くの情報を表示するインストゥルメントパネルを配置する。

モデルバリエーションは、Ninja ZX-25R SE KRTエディション(ライムグリーン×エボニー)、 Ninja ZX-25R SE(メタリックスパークブラック×パールフラットスターダストホワイト)、 Ninja ZX-25R(メタリックスパークブラック)の3種類を設定。SEモデルはKQSやUSB電源ソケット、ウインドシールド(スモーク)、フレームスライダー、ホイールリムテープを標準装備する。

価格はZX-25R SE KRTエディションとZX-25R SEが各91万3000円、ZX-25Rが82万5000円。

カワサキモータースジャパンでは、Ninja ZX-25Rの発売を記念し、カワサキ正規取扱店での購入時に利用できる実質年利1.9%の特別金利を用意する。また、Ninja ZX-25Rでサーキットを楽しむための、講習会、走行会、体験走行、また、ワンメイクレース開催を国内主要サーキットにて2021年より計画。レース経験者のみならず、未経験でも参加しやすく、参加者全員が楽しめるイベントを目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 【浦島ライダーの2輪体験記】ヤマハ MT-25 は、じわじわと愛着が湧いてくる万能選手 画像 【浦島ライダーの2輪体験記】ヤマハ MT-25 は、じわじわと愛着が湧いてくる万能選手
  • 【浦島ライダーの2輪体験記】KTM 250DUKEは、アクティブに楽しめるファンバイク 画像 【浦島ライダーの2輪体験記】KTM 250DUKEは、アクティブに楽しめるファンバイク
  • 【スズキ ジクサーSF250/250】新開発の油冷エンジン搭載のロードスポーツ[詳細画像] 画像 【スズキ ジクサーSF250/250】新開発の油冷エンジン搭載のロードスポーツ[詳細画像]
  • スズキ ジクサーSF250/250、新開発油冷エンジンを搭載 44万8800円より 画像 スズキ ジクサーSF250/250、新開発油冷エンジンを搭載 44万8800円より

特集

おすすめのニュース