ジープ ラングラー に40年ぶりのV8搭載、450馬力コンセプト…市販の可能性も

0~96km/h加速5秒以下の性能を発揮する6.4リットルV8

伝統のオフロード性能をさらに強化

専用のカスタマイズが施された内外装デザイン

ジープ・ラングラー・ルビコン 392 コンセプト
  • ジープ・ラングラー・ルビコン 392 コンセプト
  • ジープ・ラングラー・ルビコン 392 コンセプト
  • 5.0リットルV8を搭載していたジープ CJ-5 レネゲード(1980年)
  • 5.0リットルV8を搭載していたジープ CJ-5 レネゲード(1980年)
  • 5.0リットルV8を搭載していたジープ CJ-5 レネゲード(1980年)

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のジープブランドは7月13日、『ラングラー・ルビコン392コンセプト』(Jeep Wrangler Rubicon 392 Concept)を米国で発表した。

同車は、『ラングラー』をベースにしたコンセプトモデルだ。そのハイライトは、V型8気筒エンジンの搭載にある。ラングラーの歴史をたどると、市販モデルでV8エンジンを搭載していたのは、1981年のジープ『CJ』が最後だった。当時の5.0リットルV8エンジンは最大出力125hp、最大トルク30.4kgmを発生していた。

ジープのファンからは近年、V8エンジン搭載のラングラーを求める声が多く寄せられていたという。そこでジープは、ラングラー ルビコン392コンセプトを発表し、ファンの望みを叶える可能性があることを示している。

0~96km/h加速5秒以下の性能を発揮する6.4リットルV8

ラングラー・ルビコン392コンセプトには、排気量6.4リットルのV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載する。最大出力は450hp、最大トルクは62.2kgmと強力だ。トランスミッションは8速ATを組み合わせた。パワフルなV8は、0~96km/h加速5秒以下の性能を発揮する。

ラングラー・ルビコン392コンセプトは、6.4リットルV8エンジンと8速ATに対応するために、アップグレードされたエンジンマウントと改良されたフレームを採用する。サスペンションのアップグレードには、新開発のアルミ製モノチューブフォックスショックが含まれており、減衰力や放熱性を高める。2モードのエキゾーストは、ボタンに触れるだけでサウンドが変化する。5.0リットルV8を搭載していたジープ CJ-5 レネゲード(1980年)5.0リットルV8を搭載していたジープ CJ-5 レネゲード(1980年)

伝統のオフロード性能をさらに強化

ラングラー・ルビコン392コンセプトには、第3世代の「Dana 44アクスル」、フルタイム2速トランスファーケース「Selec-Track」、電動フロント/リアアクスルデファレンシャルロック「Tru-Lok」、940mm径のマッドタイヤなどで、伝統のオフロード性能をさらに強化した。極端な横方向荷重でも、タイヤをリムに保持する17インチのカスタムビードロックホイールも採用。テレインタイヤは、タイヤの空気圧の減少を抑え、牽引力を高めている。

純正用品の「Mopar」の2インチリフトキットは、サスペンションのストロークをさらに増やし、アプローチ、ブレークオーバー、デパーチャーアングルを改善する。アプローチアングルは51.6度、ブレークオーバーアングルは29.5度、デパーチャーアングルは40.1度とした。最低地上高は336mmへ引き上げられ、渡河性能は864mmを確保している。

ラングラー・ルビコン392コンセプト には、「Rubicon」のロックレール、「Warn」ウィンチ付きスチールバンパー、スチールベリーパンも備わる。これらはすべて、過酷なオフロードを走行する時に役立つという。

また、堅牢な8速ATとフルタイムの4x4トランスファーケースにより、全体的なドライバビリティを向上させた。V8エンジンの豊かなローエンドトルクにより3.73のギア比が可能になり、高速道路での効率的な走行や、オフロード走行を支援している。

専用のカスタマイズが施された内外装デザイン

ラングラー・ルビコン392コンセプトは、内外装に専用のカスタマイズを施した。エクステリアは、牽引フックやエンブレム、スプリング、ダンパー、ホイールをブロンズカラーで仕上げる。ボディカラーは、グラナイトクリスタルで塗装した。アグレッシブな外観を演出する「ヘビーデューティレイズドパフォーマンスフード」を装備する。脱着式サイドパネルや「スカイワンタッチパワートップ」が、爽快なドライブを可能にしている。

インテリアは、パフォーマンスステアリングホイールに加えて、ゴールドステッチが施されたレッドロック色のレザーシートが装備されている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【メルセデスベンツ Gクラス 新型試乗】世界観に共感するなら一度所有してみても…九島辰也 画像 【メルセデスベンツ Gクラス 新型試乗】世界観に共感するなら一度所有してみても…九島辰也
  • 【ディフェンダー 新型】ランドローバーのアイコン[詳細画像] 画像 【ディフェンダー 新型】ランドローバーのアイコン[詳細画像]
  • どれを選ぶ? カスタマイズ ジムニー 一挙公開…大阪オートメッセ2020 画像 どれを選ぶ? カスタマイズ ジムニー 一挙公開…大阪オートメッセ2020
  • 【VW T-Roc】日本発表…VGJ社長「日本の道に理想的なサイズ」 価格は384万9000円から 画像 【VW T-Roc】日本発表…VGJ社長「日本の道に理想的なサイズ」 価格は384万9000円から

特集

おすすめのニュース