【トヨタ ハリアー 新型】パナソニックの「ナノイーX」発生装置を搭載

パナソニックの「ナノイーX」発生装置が、6月17日にトヨタ自動車が発売した新型『ハリアー』に採用された。車載用「ナノイーX」発生装置の市販車への搭載は、今回が初めてとなる。

パナソニックは、空気清浄機、エアコンなどの家電製品にナノイー発生装置を展開しており、2007年からは車載用ナノイー発生装置を販売している。トヨタ自動車では、2011年に『カムリ』へ搭載されて以降、レクサスをはじめ数多くの車種に搭載されてきた。

ナノイーは、空気中の水に高電圧を加えることで生成されるナノサイズの微粒子イオンで、さまざまな物質に作用しやすいOHラジカル(高反応成分)を含んでいる。このOHラジカルの生成を従来比10倍に高めたのがナノイーX。脱臭や菌、アレル物質の抑制など多様な効果があることから、空気清浄機、エアコン、洗濯機、冷蔵庫などに搭載されている。

パナソニックは今後、ナノイー技術により、家電分野、車載分野、住宅関連分野など、暮らしや社会のさまざまなシーンにて、快適空間を提供していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース