[カーオーディオ入門者向け 予算10万円プラン]スピーカー交換 その2

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
フォーカル・PS 165 FE
  • フォーカル・PS 165 FE
  • カロッツェリア・TS-C1730S
  • カロッツェリア・TS-V173S
音楽好きなドライバー諸氏に向けて、カーオーディオの“始め方”を伝授すべく、『入門者向けお薦めプラン』を紹介している当特集。第2回目となる当回も、“カーオーディオ・プロショップ”直伝のとっておきのプランを提示していく。

今回は、岩手県一関市の“サウンドフリークス”、愛媛県東温市の“サウンドカーペンター”、そして群馬県高崎市の“サブライム”の各店に、10万円を目安とする『入門者向けお薦めプラン』を推薦してもらった。

◆3万円台のスピーカーで仕上げるか、6万円台のスピーカーで発展性を残すか…。

最初に、岩手県の有名店“サウンドフリークス”の佐藤さんに訊いた話から紹介していく。

「初めてのスピーカー交換をご希望される方は、まさしく10万円を目安とされる場合が多いです。当店ではそのような方々に、次の2つのプランをお薦めしています。1つはカロッツェリアの『TS-C1730S』(税抜価格:3万2000円)を中心とするプラン、そしてもう1つが同じくカロッツェリアの『TS-V173S』(税抜価格:6万円)を中心とするプラン、このどちらかではないでしょうか。

なお、どちらを選ばれるにしても“インナーバッフル”はワンオフしたものをお使いいただきますが、“デッドニング”の内容は変わってきます。前者ではしっかり手を掛けて、後者では軽い内容に留めます。ご予算的にそうなってしまうんです。

ちなみに、おクルマに装着されているメインユニットがスタンダードなタイプであれば、『TS-C1730S』は案外良く鳴ります。軽く作ってあるので非力な内蔵パワーアンプとの相性が良いんです。なので10万円で最大の効果を上げようとするときには敢えてこちらを選ぶと、完成度高く仕上げられたりもするんです。

しかし、システムを発展させていったときには物足りなくなってきますね。なので、後々さらに良い音を手にしたいと考える方には、『TS-V173S』の方をお薦めしています。そしてご予算ができたときに“デッドニング”の追加をご依頼いただければ、低域の鳴り方がグンと良くなります。

ところでこの2つのスピーカーには、ツイーターをダッシュボードの上に取り付けるためのマウントが付属されていて、そこのところもお薦めするポイントの1つとなっています。これを活用することでインストール費用を少なくできるんです。

なお、『TS-C1730S』を中心とするプランをチョイスされつつ“デッドニング”を軽い内容に留めても良いかもしれません。そうすることでさらにご予算を縮小できますから。ご来店いただけましたらさまざまなご提案ができると思いますので、ぜひぜひお気軽にお越しください」

◆スピーカーと“インナーバッフル”に予算を投じて、システムアップの“土台”を作るという手もアリ!

続いては愛媛県の人気店、“サウンドカーペンター”の仲尾さんの話を紹介する。

「当店の場合はまず、“デッドニング”を3つのメニューの中から、必要パーツである“インナーバッフル”を3タイプの中からそれぞれお選びいただきます。そうすることでスピーカーに注げる金額が見えてきます。

なお“デッドニング”は、“ライトプラン”が4万円から4万5000円、“ミドルプラン”が6万円から6万5000円、そして“ハイプラン”が8万5000円からとなっています。一方“インナーバッフル”は、1万円以下の市販バッフル(MDF製)、カロッツェリアのメタルバッフル(税抜価格:9000円から1万3000円)、そしてワンオフする当店オリジナルのアクリル製バッフル(税抜価格:3万2000円から)、この3タイプの中からお選びいただきます。ちなみにワンオフバッフルは作り置きもしてありますので、車種によっては2万円でお出しできる場合もあります。

で、10万円で完成形に持っていこうとする場合には、次のような組み合わせがスタンダードでしょうか。“デッドニング(ライトプラン)”+カロッツェリアのメタルバッフル、そしてスピーカーがカロッツェリアの『TS-C1730S』(税抜価格:3万2000円)。これに取り付け工賃を含めてちょうど10万円くらいで収まります。

それか一点集中的に、スピーカーをもうワンランク上げるか。その場合のお薦めは、ブラムの『L165S-Solo』(税抜価格:5万8000円)、またはカロッツェリアの『TS-V173S』(税抜価格:6万円)あたりですね。これらをお選びいただいて、さらには“インナーバッフル”もワンオフしたものを使いつつ、“デッドニング”を軽めの内容(2万円くらい)に留めるという作戦もアリだと思います。

スピーカーと“インナーバッフル”にご予算を投じておけば、システムアップしていく土台が出来上がります。そうしておけば、長く楽しめます。

ご来店いただけましたら、“デッドニング”メニュー等々の詳しいご説明もいたします。お気軽にお問い合わせください」

◆高い満足度が得られるように、最大限のサービスを実行!

最後に、群馬県の実力店、“サブライム”の佐鳥さんに訊いたプランを紹介する。

「10万円でスピーカー交換をしてみたいという方には、当店では5万円台のスピーカーをご提案しています。具体的には以下の3つがお薦めです。フォーカルの『PS 165 FE』(税抜価格:5万円)、ヘリックスの『P62C』(税抜価格:5万8000円)、ブラムの『L165S-Solo』(税抜価格:5万8000円)、この3つです。

これよりワングレード落としてしまうと、ブランドが同じであればトーンはそれほど大きくは変わらないのですが、音の立ちや解像感が変わってきます。そして後々システムアップしたときの満足度の大きさにも差が出ます。5万円台のモデルであれば、何か手を加えればその都度大きな感動が味わえます。

そしてこれら5万円台のスピーカーにプラスして、ワンオフする“インナーバッフル”と当店でのスタンダードな“ドアチューニング(デッドニング)”をセットにして10万円(税抜)でご提供しています。ちなみにワンオフする“インナーバッフル”は2万円、スタンダードな“ドアチューニング”は通常4万円でご案内していますので、このセットは実はとてもお得なんです。

このようなサービス価格としているのはひとえに、初めてのお客様に大きな満足度を得ていただきたいからです。せっかくカーオーディオに興味を持ってご来店されるのですから、最大限の感動を味わっていただきたいと思うんです。そうしてカーオーディオを好きになっていただけたら嬉しいですよね。

そのためにはやはり、“ドアチューニング”はしっかりやっておきたいんです。そうすることでスピーカーの性能をより一層引き出せますから。そして後にプロセッサーを導入したりパワーアンプを追加したときにもまた、それらの効果をより大きく感じられます。そのためのベースを、最初の段階で作っておきたいと思うんです。

スピーカー交換にご興味を持たれたら、ぜひお気軽にご来店ください」

“カーオーディオ・プロショップ”に訊きました! 『入門者向けお薦めプラン』ライト級編 Part1「スピーカー交換作戦」ll

《太田祥三》

編集部おすすめのニュース

  • [カーオーディオ入門者向け 予算10万円プラン]スピーカー交換 その1 画像 [カーオーディオ入門者向け 予算10万円プラン]スピーカー交換 その1
  • [サブウーファー攻略法]パワーアンプの選び方&使い方…サウンドフリークスが解説 画像 [サブウーファー攻略法]パワーアンプの選び方&使い方…サウンドフリークスが解説
  • [car audio newcomer]日産 エクストレイル by サウンドカーペンター 後編 画像 [car audio newcomer]日産 エクストレイル by サウンドカーペンター 後編
  • 【トヨタ ヤリスクロス】vs C-HR…25年の経験を注ぎ込んだ?[比較画像] 画像 【トヨタ ヤリスクロス】vs C-HR…25年の経験を注ぎ込んだ?[比較画像]

特集

おすすめのニュース