【ダイハツ タフト 新型】軽自動車で日本のモノづくりを考える---奥平社長

ダイハツ工業の奥平総一郎社長は新型車『タフト』の発売(10日)にあたり、オンラインプレゼンテーションで、「新型車の発売で市場を活性化し、世の中を少しでも明るく」したい、とあいさつした。

タフトは軽乗用車にSUVのエッセンスを取り入れたクロスオーバーの新モデルであり、「力強いデザインや、スカイフィールトップなど、たくさんの魅力が詰まっている」と奥平社長は説明。

また奥平社長は、今回の新型車の発売にあたり、より強く思うことがあるという。「それは、日本のモノづくりの基盤を守り社会を支えていきたい、ということだ。軽自動車を(事業の)主体とし、日本に根差したメーカーであるダイハツだからこそ、日本のモノづくりを考え、お客様のニーズに真剣に向き合い、これからもダイハツらしいクルマづくりを推進していく」と述べた。

さらに「ダイハツのグループスローガン、“Light you up”は、一人ひとりに光を照らし、世の中を明るくしていくという思いを込めた言葉だ。新型車のタフトがお客様にとって、少しでも気分を軽く、明るくしてくれる存在になれれば、と考える」と語った。

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース