【メルセデスベンツ GLC/GLCクーペ 改良新型まとめ】デザインと安全性能を刷新…価格や改良点、試乗記

メルセデス・ベンツ GLC
  • メルセデス・ベンツ GLC
  • メルセデス・ベンツ GLC/GLCクーペ 改良新型
  • メルセデス・ベンツ GLC
  • メルセデスAMG GLC 63 4MATICクーペ
  • メルセデスAMG GLC 43 4MATICクーペ
  • メルセデス・ベンツ GLC
  • メルセデス・ベンツ GLC350e 4マチック クーペ
  • メルセデス・ベンツ GLC350e 4マチック クーペ

メルセデスベンツのミドルサイズSUV『GLC』とクーペスタイルSUVの『GLCクーペ』。日本国内では2019年に改良を受け、「Hi, Mercedes!」でおなじみの「MBUX」や最新の安全運転支援システム搭載、エクステリア・インテリアデザインの刷新が施されたモデルを中心に販売している。

目次

  1. 内外装刷新、MBUXや最新運転支援システム搭載 価格690万円より
  2. 上野社長「全方位にわたって進化した」
  3. ディーゼルPHVと燃料電池PHVを発表…東京モーターショー2019
  4. クーペ デザインの刷新、上位クラスと同等の安全運転支援システム搭載[詳細画像]
  5. 【クーペ 試乗】スポーツカーのようなクルマとの一体感、極上の乗り味…島崎七生人
  6. GLC 改良新型を出展へ…デリーモーターショー2020
  7. 改良新型にPHV、EVモード4割増し…欧州発売
  8. クーペ PHEV 4WDモデルを追加、価格は922万円

内外装刷新、MBUXや最新運転支援システム搭載 価格690万円より

メルセデス・ベンツ日本は、ミドルサイズSUV『GLC』『GLCクーペ』改良新型(Mercedes-Benz GLC-Class)を発表、10月3日より注文受付を開始する。

GLC/GLCクーペ改良新型は、プレミアムSUVとしての特性はそのままに、内外装デザインを一新。また、対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツユーザーエクスペリエンス)」と最新の安全運転支援システムを採用する。

[続きを読む]

内外装刷新、MBUXや最新運転支援システム搭載 価格690万円より 画像

メルセデス・ベンツ GLC/GLCクーペ 改良新型メルセデス・ベンツ GLC/GLCクーペ 改良新型

上野社長「全方位にわたって進化した」

メルセデス・ベンツ日本は10月3日、一部改良した『GLC』および『GLCクーペ』の受注を開始した。内外装デザインを一新したほか、対話型インフォテイメントシステムを採用したのが特徴で、価格は690万~1519万円。11月以降、順次納車を始めるとしている。

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は同日、都内で開いた発表会で「GLCは現代的なデザインとCクラス譲りの快適性や安全性、SUVとしての悪路走破性を備えたモデルとしてのコンセプトが功を奏し、昨年はメルセデスベンツの中のSUVで最多となる6316台を販売することができた。そしてこのたび初の大型改良で、全方位にわたって進化した」と紹介した。

[続きを読む]

上野社長「全方位にわたって進化した」 画像

  • メルセデスベンツ GLC/GLCクーペ 改良新型 発表会
  • メルセデスベンツ GLC/GLCクーペ 改良新型 発表会
  • メルセデスベンツ GLC/GLCクーペ 改良新型 発表会
  • メルセデスベンツ GLC/GLCクーペ 改良新型 発表会
  • メルセデスベンツ GLC/GLCクーペ 改良新型 発表会
  • メルセデスベンツ GLC/GLCクーペ 改良新型 発表会

ディーゼルPHVと燃料電池PHVを発表…東京モーターショー2019

メルセデス・ベンツ日本は10月23日、東京モーターショー2019でディーゼルプラグインハイブリッド車(PHV)『E350 de』および燃料電池PHV『GLC F-CELL』を発表した。

E350 deの価格は875万円で、同日から注文受付を開始し、納車は12月以降を予定している。一方、GLC F-CELLの価格は1050万円で、納車開始は2020年中頃としている。

[続きを読む]

ディーゼルPHVと燃料電池PHVを発表…東京モーターショー2019 画像

  • メルセデスベンツ E350 de
  • メルセデスベンツ E350 de
  • メルセデスベンツ E350 de
  • メルセデスベンツ E350 de
  • メルセデスベンツ GLC F-CELL
  • メルセデスベンツ GLC F-CELL

クーペ デザインの刷新、上位クラスと同等の安全運転支援システム搭載[詳細画像]

先日、メルセデスベンツ日本が発表したミドルサイズSUV『GLC』、『GLCクーペ』。初の大型改良となる今回の新型は、エクステリア、インテリア共に刷新され、最新の安全運転支援システムやMBUXを搭載している。

新型GLCのエクステリアには、メルセデスのデザインフィロソフィー「Sensual Purity(官能的純粋)を落とし込み、プレミアムSUVらしさを強調している。フロントにはクローム仕上げのアンダーガードと2本のパワードームを備えたボンネット、リアには一新されたバンパーとエグゾーストエンドを持つ。

[続きを読む]

クーペ デザインの刷新、上位クラスと同等の安全運転支援システム搭載 画像

メルセデスベンツ GLC 220d クーペメルセデスベンツ GLC 220d クーペ

【クーペ 試乗】スポーツカーのようなクルマとの一体感、極上の乗り味…島崎七生人

SUVに、スポーツカーの官能…カタログを開くとこんなコピーが目に飛び込んできた。もし試乗前なら「本当に?」とナナメに読むところだったが、試乗後に目にしたため、思わず「本当だね!」と語尾のマークまで“?”から“!”に変わってしまったほどだった。

流麗なルーフラインが特徴

クーペのボディサイズは、ベースの『GLC』に対し70mm長く、全幅は同じで、全高が40mm低い。クルマの場合、低さはオトコが床屋へ行く前と後くらいに3Dでボリュームを減じて見せるうえ、クーペはレールをもたない流麗なルーフラインが特徴だから、クルマの側に立つとサイズ以上のコンパクトさに思える。現行『Sクラス』以降のスリークなデザインも、このクルマを一層ピュアでチャーミングなものにしている。

[続きを読む]

【クーペ 試乗】スポーツカーのようなクルマとの一体感、極上の乗り味…島崎七生人画像

  • メルセデスベンツ GLCクーペ(220 d 4MATIC)
  • メルセデスベンツ GLCクーペ(220 d 4MATIC)
  • メルセデスベンツ GLCクーペ(220 d 4MATIC)
  • メルセデスベンツ GLCクーペ(220 d 4MATIC)
  • メルセデスベンツ GLCクーペ(220 d 4MATIC)
  • メルセデスベンツ GLCクーペ(220 d 4MATIC)

GLC 改良新型を出展へ…デリーモーターショー2020

メルセデスベンツは、2月にインドで開催されるデリーモーターショー2020(オートエキスポ2020)に、改良新型『GLC』(Mercedes-Benz GLC)を出展すると発表した。

GLCは、『GLK』の後継モデルとして、2015年6月に欧州で発表された。メルセデスベンツはSUVの車名を順次、新呼称に変更。これに伴い、GLKはモデルチェンジを機に、車名をGLCに変更した。「GL」がメルセデスベンツのSUVに共通する名称(『Gクラス』を除く)で、末尾の「C」は、『Cクラス』の車格であることを意味する。

[続きを読む]

GLC 改良新型を出展へ…デリーモーターショー2020 画像

メルセデスベンツ GLC 改良新型メルセデスベンツ GLC 改良新型

改良新型にPHV、EVモード4割増し…欧州発売

メルセデスベンツは1月29日、改良新型『GLC』(Mercedes-Benz GLC)のプラグインハイブリッド車(PHV)、「GLC 300 e 4MATIC」を欧州市場で発売した。

同車は、従来のGLCのPHV、「GLC 350 e 4 MATIC」の後継モデルだ。改良新型GLCのPHVは、メルセデスベンツブランドの新世代PHVシリーズとして、新たに立ち上げられた「EQ Power」(EQパワー)車として展開される。メルセデスベンツは2020年までに、20車種以上にEQ Powerを拡大することを目指している。

[続きを読む]

改良新型にPHV、EVモード4割増し…欧州発売 画像

  • メルセデスベンツGLC改良新型の PHV「GLC 300 e 4MATIC」
  • メルセデスベンツGLC改良新型の PHV「GLC 300 e 4MATIC」
  • メルセデスベンツGLC改良新型の PHV「GLC 300 e 4MATIC」
  • メルセデスベンツGLC改良新型の PHV「GLC 300 e 4MATIC」
  • メルセデスベンツGLC改良新型の PHV「GLC 300 e 4MATIC」
  • メルセデスベンツGLC改良新型の PHV「GLC 300 e 4MATIC」

クーペ PHEV 4WDモデルを追加、価格は922万円

メルセデス・ベンツ日本(MBJ)は、4月4日「四輪駆動の日」を記念し、ミドルサイズSUV『GLCクーペ』改良新型に、EQパワー(プラグインハイブリッド)の四輪駆動モデル「GLC350e 4マチック クーペ」を追加し、同日より発売する。

GLC350e 4マチック クーペは、最高出力211ps、最大トルク350Nmを発生する2.0リットル直列4気筒ターボエンジンに、最新世代のプラグインハイブリッドシステムを採用する。ダイムラーグループが生産した13.5kWhの小型リチウムイオンバッテリーを搭載。先代よ蓄電容量がアップしたことで、モーターアシストが向上し、システム総合の最高出力は320ps、最大トルク700Nmとなった。また、時速130kmまではモーターのみでの走行可能。最長航続距離は45.2kmに達する。

[続きを読む]

クーペ PHEV 4WDモデルを追加、価格は922万円 画像

メルセデス・ベンツ GLC350e 4マチック クーペメルセデス・ベンツ GLC350e 4マチック クーペ

《滑川寛》

編集部おすすめのニュース

  • 【メルセデスベンツ EQC 新型試乗】1080万円の価格も妥当に思える迫力の走り…渡辺陽一郎 画像 【メルセデスベンツ EQC 新型試乗】1080万円の価格も妥当に思える迫力の走り…渡辺陽一郎
  • 【マツダ CX-5 新型試乗】ライバルは輸入車、スポーツSUVの道を突っ走って欲しい…九島辰也 画像 【マツダ CX-5 新型試乗】ライバルは輸入車、スポーツSUVの道を突っ走って欲しい…九島辰也
  • マツダ初の量産EV『MX-30』、生産開始…今秋欧州発売へ 画像 マツダ初の量産EV『MX-30』、生産開始…今秋欧州発売へ
  • 【トヨタ RAV4 PHV】日本発売まもなく…EV走行距離95km、最上位モデルとして登場 画像 【トヨタ RAV4 PHV】日本発売まもなく…EV走行距離95km、最上位モデルとして登場

特集

おすすめのニュース