北陸・山陽・九州新幹線で減便を終了…JR西日本とJR四国の在来線特急もほぼ通常運行に 6月13日から

JR西日本、JR四国、JR九州は6月3日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた定期列車の減便を6月12日限りで終了すると発表した。

JR西日本では、北陸新幹線の『つるぎ』と山陽新幹線、在来線特急の『サンダーバード』『くろしお』『こうのとり』『きのさき』『はしだて』『まいづる』『やくも』で行なっていた減便を終了する。

ただし、関西空港アクセス特急の『はるか』については、引き続き一部の定期列車を運休するとしている。

JR四国では予讃線の『しおかぜ』、土讃線の『南風』、高徳線の『うずしお』、徳島線の『剣山』で行なっていた減便を終了。一部の列車を児島~高松間運休としていた快速『マリンライナー』は、岡山~高松間全区間の運行に戻る。

なお、『しおかぜ』『いしづち』については一部列車で6月30日まで分割併合を行なわない。

JR九州では九州新幹線での減便を終了する。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース