[プロショップ訪問]コンペティションで鍛えた音をユーザーに還元…サウンドステーション・ガレージショウエイ

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
【プロショップ訪問記】サウンドステーション・ガレージショウエイ。コンペティションで鍛えた音創りをユーザーのシステムにフィードバック。実績と経験を積んで新しい世界を切り開く。
  • 【プロショップ訪問記】サウンドステーション・ガレージショウエイ。コンペティションで鍛えた音創りをユーザーのシステムにフィードバック。実績と経験を積んで新しい世界を切り開く。
  • 店内は明るくカーオーディオ製品はもちろんのこと、アクアリウムも設置
  • 代表である吉岡氏所有のドカティ。
  • ガレージショウエイ代表 吉岡氏
  • 国産・自社開発を行うM&Mデザイン製品
  • パーツにも並々ならぬこだわりでカーオーディオユーザーファンを獲得している
  • 歴代のトロフィーだが、これはほんの一部。国内では数少ない世界大会優勝者だ
  • デモカーはBMWとプリウス
高速道・高知I.C降りて南へ約5分。JR土佐一宮駅から徒歩約3分と閑静な住宅地に居するガレージショウエイをご紹介しよう。久しぶりにお店に入ると素敵な"ドゥカティ"が置いてあり、代表を務める吉岡氏が笑顔で迎えてくれた。尋ねると趣味のバイク乗りは今も健在だという。

若いころ、18歳からバイクレースに参戦。全日本ロードレースの名門チャンピオンチーム『テックツー』藤原氏に師事し、2サイクルエンジンに対する基礎となる理論を会得する。エンジンの動作、吸入、爆発、排気の流れをイメージしてポート研磨などを徹底的に追及する。エンジンパワーを上げて"速い"バイクを作る考え、その経験は現在のカーオーディオにおいても活かされているに違いない。それは私の勝手な想像だが空間に放たれる音、ケーブル内を通る音声信号と、目に見えるものではないが、その目に見えないものを頭の中でビジュアル化、結晶化することが大切だと推測する。

吉岡氏のプロフィールを語るとスペースが足らなくなってしまいそうだ。かいつまんでご説明するとカーオーディオの挑戦者として輝かしい経歴を持つ。カーオーディオ競技のひとつIASCA(International Auto Sound Challenge Assochiation)において'96年、'97年、'98年、日本チャンピオンを3連覇。2000年アメリカ・オクラホマ州で開けれた最終決戦で世界チャンピオンのトロフィーを手にする。のち、パイオニアが主催するカーサウンドコンテストでは、'06年、'10年、11年、14年と4度に渡り優勝の栄冠に輝く。10年前(平成22年)、自社ブランドである「M&M デザイン」を設立。最上級グレードを目指したスピーカーケーブル「7N-MS1000」の開発をはじめ、'12年にはRCAケーブル「7N-MA7000』を発表する。どちらも7Nを使ったハイエンド仕様だ。その後、次々とラインナップを揃えて、現在ケーブルほかアクセサリーの開発と現場で役に立つ貴重なアイテムを世に送り出している。詳しくは別の機会でお話したい。

なぜ、カーオーディオに魅せられているのか、その理由を訊いてみると音楽が好きでオーディオが好きであること。いい音で聴きたいという願望、そしていい音を鳴らしてユーザーに喜んでもらいたい、からである。インストールを行っている最中、またはシステムが完成直後、解決できない問題点を吉岡氏いわく、"事件"と呼ぶ。この"事件"とは音を良くすることを前提に見えないところに潜んでいる問題。改善するためには真摯に向き合うことが重要で、M&Mデザインの一連のケーブルは現場で起きていた"事件"がヒントとなりケーブルの研究に取り組んだ。

音質アップに向けて改善を行うとき市販品では満足できない...という思いを原点として、かつて経験したことのないモノ作りを開始する。その情熱はバイクのチューニングと共通点を見出している。ガレージショウエイをオープンして丸30年、販売とインストール、コンペ優勝に向けて挑戦、M&Mデザインの会社創業と長い道のりを歩んできた。

さて、専門店は敷居が高い。と思っている人も多いかもしれない。現実はそうでなく、気軽に相談できるので心配無用だ。ユーザー一人一人が音質向上を望むとき、だれもが購入できるサウンドステーション・グループ全店共通のウェルカムプランをご提案したい。11万円(税込)のセットプランは、音質重視の4つのブランドから好みのスピーカーを1つチョイス。インナーバッフル、デッドニング処理、工賃込みとなっている。非常にリーズブルなプランだ。詳しくはサウンドステーションホームページを見てほしい。

経験を積み重ね実となる。学んだノウハウは深く、さまざまな角度からカーオーディオを捉えている。それは取り付けと音創りに活かされてことは言うまでもない。同店の強みはトータルでの音創り。それはただ高価という一部の熱烈なファンのものだけでなく、ウェルカムプランにも活かされている。シンプルなセットも大歓迎。最後にBMWとプリウスのデモカーを用意、前者はハイエンド仕様、後者はナビを使ったライトな仕様である。音創りと取り付けで迷ったら、ガレージショウエイに相談してみよう。

【プロショップ訪問記】サウンドステーション・ガレージショウエイ。コンペティションで鍛えた音創りをユーザーのシステムにフィードバック。実績と経験を積んで新しい世界を切り開く。

《永松巌》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース