日産東京販売の販売会社で時短や休業、ホンダは栃木県の事務所で陽性 新型コロナ

日産東京販売HD、傘下の販売会社で時短営業や臨時休業

日産東京販売ホールディングスは4月9日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大で政府が7都府県を対象に緊急事態宣言を発令したことに伴って、同社傘下の販売店で臨時休業や営業時間を短縮すると発表した。

対象の販売会社は東京日産自動車販売、日産プリンス東京販売、日産プリンス西東京販売、ルノーNT販売、車検館・GTNETで、臨時休業と時短営業を各社が4月9日から13日の間に順次、開始する。臨時休業しない店舗は原則として営業時間を10時から17時までとする。

臨時休業、時短営業の終了は新型コロナウイルス感染拡大の状況や、政府・自治体からの要請を考慮して決定する。

日産東京販売HDのグループ各社の各店舗では、顧客と従業員の安全を最優先にするため、営業時間短縮に対応した出勤体制とした上で、店舗、車両を含め衛生管理を徹底し、感染拡大の防止に努めるとしている。

ホンダ、栃木県芳賀郡の事務所の従業員が新型コロナウイルスに感染

ホンダは4月8日、栃木県芳賀郡の事業所に勤務する同社の従業員1人が新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染していることを確認したと発表した。

この従業員は4月6日に発熱となったため有休を取得して病院で受診、自宅待機していたが、4月7日夜にPCR検査の結果が陽性であることが判明したという。

感染が懸念されるエリアの従業員は全員、出勤を控えて自宅待機措置をとり、今後、保健所の指示のもと、濃厚接触者の特定や消毒を実施する予定。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース