豊田通商が電動化対応を強化…モーターコイル開発会社に資本参加

ASTコイルの概要
  • ASTコイルの概要

豊田通商は、電動化対応を強化するため、革新的なモーターコイルであるASTコイル技術を手がけるアスターに資本参加した。3月30日に発表した。

アスターは従来の巻線コイルにはない、形に自由度をもたせた成形を特徴とするASTコイル技術を開発した。ASTコイル技術が開発されたことで、モーター内の導体占積率を飛躍的に向上し、従来の技術の延長線上では対応が難しかった、高出力化・小型化・低抵抗の高効率モーターを実現ができるようになった。

豊田通商は、重点分野であるネクストモビリティ戦略の一つとして「電動化の加速への対応」を進めている。今回のアスターへの出資で、ASTコイルの本格事業化を支援する。また、次世代車載モーターへの搭載を実現することで、モビリティをはじめとした電動化の主要部品である高性能なモーターの安定供給を進める。

アスターは、2019年6月に秋田県横手市に新工場を設立し、ASTコイルの量産体制構築に取り組んでいる。

豊田通商の社内ファンド「ネクストテクノロジーファンド」がアスターが発行する第三者割当増資を引き受けた。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 豊田通商、北米でMaaS事業を展開するカナダ・ベロシア社に出資 画像 豊田通商、北米でMaaS事業を展開するカナダ・ベロシア社に出資
  • 新興国でMaaS事業を推進 豊田通商が公共交通データプラットフォーマーに出資 画像 新興国でMaaS事業を推進 豊田通商が公共交通データプラットフォーマーに出資
  • USS、車両下部/タイヤ・ホイール撮影システムを試験導入 車両異常を自動検知 画像 USS、車両下部/タイヤ・ホイール撮影システムを試験導入 車両異常を自動検知
  • 豊田通商グループ、インドにモーター制御関連のテクノロジーセンターを新設 電動2輪車&3輪車 画像 豊田通商グループ、インドにモーター制御関連のテクノロジーセンターを新設 電動2輪車&3輪車

特集

おすすめのニュース