5月5日開催予定の「筑フェス」、新型コロナウイルスの影響で中止を決定

筑フェス実行委員会は、5月5日に開催を予定していた「筑波サーキット・カーフェスティバル2020(筑フェス)」の中止を発表した。

筑フェスは、ヒストリックカーから最新のスーパーカーまで、それぞれの時代を彩った国内外の名車を一堂に集め、その勇姿をデモランや展示、レースで披露する筑波サーキット最大級のイベント。また、こどもの日での開催ということで、小さな子どもたちにサーキットを楽しんでもらい、次世代にモータースポーツの魅力や自動車文化を伝えていくイベントでもある。

実行委員会ではこれまで、屋外イベントでもあるため、様々な感染対策を講じることで、開催を目指してきた。しかし、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染状況や、政府の感染症対策本部の方針などを踏まえ、検討を重ねた結果、来場者、出場者、スタッフ・関係者の安全面を最優先とし、開催中止の判断に至った。

なお筑フェス内で開催予定だった、JAF筑波スーパーFJ選手権シリーズ第2戦、JAF筑波サーキットトライアル選手権シリーズ第2戦、ロードスター・パーティレースIII 東日本シリーズ第1戦についも、5月5日の開催は見送り。個々の主管団体により延期・中止が判断される。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース