ヤマハ発動機とティアフォー、自動搬送ソリューションの合弁会社設立

無人で工場搬送をする自動搬送車両
  • 無人で工場搬送をする自動搬送車両
  • eve autonomy(イヴオートノミー)
  • 屋内外で自動搬送可能な高い技術

ヤマハ発動機とティアフォーは、工場敷地内をはじめとしたモノの自動搬送ソリューション事業を行う合弁会社「eve autonomy(イヴオートノミー)」を設立し、4月から稼働を開始すると発表した。

イヴオートノミーは、ティアフォーが開発を主導するオープンソースの自動運転OS「Autoware」の技術と、ヤマハ発動機のランドカーをはじめとした高い信頼性を持つ車体開発技術を掛け合わせることで、誰にでも扱いやすい自動搬送ソリューション開発を推進。また、工場内物流の需要変動にも対応できるよう、初期費用を抑えることが可能なサブスクリプション型のサービス開発・アフターサポートの提供も目指す。

工場の物流現場は、高まる多品種少量生産のニーズと慢性的な人手不足により、作業員配置を前提とした従来型の設備・運用では、需要に合わせた効率的な生産体制の維持が難しくなってきている。この課題に対し、両社は、ヤマハ発動機浜北工場にて自動搬送ソリューションのパイロット製品を共同開発。IoT技術を駆使したスマートファクトリー化を目指し、2020年3月から工場内物流ラインでの実運用を開始している。

今後は、イヴオートノミーがこの事業を承継し、ヤマハ発動機の国内外の製造工場を手始めに自動搬送ソリューションの導入を推進。実運用を通した課題の洗い出し・改善により、機能水準および信頼性の高い自動搬送ソリューションの完成を目指す。

なお新会社は資本金8億円で静岡県袋井市に設立。ヤマハ発動機より出向の米光正典氏が代表取締役CEOに就任する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース