【三菱 eKクロススペース・eKスペース 新型】ハイブリッドシステムに東芝製LiB採用

三菱自動車は、新型軽スーパーハイトワゴン『eKクロス スペース/eKスペース』のハイブリッドシステムのバッテリーとして東芝が開発したリチウムイオン二次電池「SCiB」を採用。東芝はマレリの回生蓄電池システムを通じて製品供給を行う。

eKクロス スペース/eKスペースの全グレードに搭載されるハイブリッドシステムは、減速時の運動エネルギーで発電した電気をSCiBに充電。蓄えた電気で電動モーターを回転させ、エンジンの補助駆動力に使用したり、アイドリングストップなどに再利用してガソリンを節約する。

SCiBは負極にチタン酸リチウムを採用することにより、優れた急速充電性能と長寿命性能を実現。急峻なエネルギーの入出力が必要なアイドリングストップシステムやマイルドハイブリッドシステムに最適なバッテリーとして、昨年発売の『eKクロス/eKワゴン』に続いての採用となった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース