北海道新幹線、すべてのトンネルで圏外が解消 3月25日

トンネルを抜けた北海道新幹線。
  • トンネルを抜けた北海道新幹線。
  • 3月25日に圏外が解消される区間。

JR北海道は3月11日、北海道新幹線の全トンネル内で3月25日から携帯電話の利用が可能になることを明らかにした。

JR北海道では、2018年から鉄道トンネルや医療施設などの公共施設で圏外を解消するために行なう国の「電波遮へい対策事業」に基づき、自社の負担割合ゼロで、青函トンネルを含む北海道新幹線トンネル内の圏外解消に取り組んできた。

2019年4月には青函トンネル内の青森県側・竜飛(たっぴ)定点(旧竜飛海底駅)と、北海道側・吉岡定点(旧吉岡海底駅)との間で携帯電話サービスが開始され、同年8月には青函トンネル全域での圏外が解消されていた。その後の12月には、新函館北斗~木古内間のうち、約11.9kmのトンネル区間でも解消された。

残る圏外のトンネルは、木古内駅(北海道木古内町)前後と奥津軽いまべつ駅(青森県今別町)前後の計約30kmのトンネル区間だったが、これらも今回で圏外が解消し、合計約97kmあるトンネル区間すべてで携帯電話の通話が可能となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース