ZF、未来の建設機械向けソリューション出展…電動化やコネクティビティを重視

ZFは3月9日、米国ラスベガスで3月10日(日本時間3月11日未明)に開幕する建設機器見本市「CONEXPO」に、電動化やコネクティビティを重視した未来の建設機械向けソリューションを出展すると発表した。

今年のCONEXPOでZFが披露するのは、建設機械向けの進歩的なソリューションだ。「Efficiency(効率性)」、「Electrification(電動化)」、「Smart Construction(スマート施工)」に焦点を当てている。

ZFは、あらゆる車両クラスと技術レベルに対応し、オーダーメイドで効率的なドライブソリューションを提供している。このベスト・チョイス戦略の取り組みを通じて、各顧客と市場の需要に最適なソリューションを提供している。

生産性と効率性を向上させるためには、電動化もまた重要な役割を果たす。ZFは「ビジョン・ゼロ」という目標を掲げ、排ガス、交通事故、技術的欠陥のないモビリティの世界を目指している。

また、ZFは安全性とコネクティビティに重点を置いたスマート施工技術を提案する。これを通じて、ZFは多様なエンジニアリング能力を持つテクノロジーリーダーとしての技術力を提示する。

ZFは、効率化、クリーン、安全、コネクテッドが、現在の建設業界が直面している難題へのZFグループの回答、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース