JR西日本大阪支社管内の駅で禁煙強化…関西本線、桜井線、和歌山線の33駅 4月1日

関西本線では非電化区間の関~加茂間でも駅の全面禁煙が実施される。
  • 関西本線では非電化区間の関~加茂間でも駅の全面禁煙が実施される。
  • 4月1日から駅が全面禁煙となる区間(赤線)。

JR西日本は3月5日、大阪支社管内の33駅で全面禁煙を4月1日から実施すると発表した。

「受動喫煙防止の一層の強化」を目的に実施されるもので、対象となる駅は和歌山線志都美(しずみ)~五条間の各駅、桜井線(万葉まほろば線)京終(きょうばて)~高田間の各駅、関西本線関~加茂間の各駅。

新たに禁煙となる駅では、電気加熱式タバコや電子タバコ、それらの類似品も含めてタバコを利用できなくなる。ホームにある喫煙コーナーに設置されている灰皿と案内サインは、4月1日から使用停止の上、順次、撤去される(和歌山線の畠田駅と吉野口駅は撤去済み)。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース