ホンダ、EV向けエネルギーマネジメントサービスを2020年中に欧州で開始

ホンダ パワーチャージャーとホンダ e
  • ホンダ パワーチャージャーとホンダ e
  • ロンドン・イズリントン特別区に設置された双方向充電器ソスペソ&チャージ

ホンダは3月3日、再生可能エネルギーの活用と充電コスト低減を両立するEV向けエネルギーマネジメントサービス「e:プログレス」を2020年中に欧州で開始すると発表した。

e:プログレスは、電力需要が少なく最も電力コストの安い時間帯にEVを充電することで、電力需要を平準化し、再生可能エネルギー由来の電力使用拡大に貢献する、EV向けエネルギーマネジメントサービス。e:プログレスは、欧州初の自動車メーカーによるエネルギーマネジメントサービスで、2020年中に英国で提供を開始し、順次ドイツや欧州各国に展開する予定だ。

新サービスは、スマート充電やリソースアグリゲーションを専門とするモイクサ社、電力会社のバッテンフォール社と共同で提供する。e:プログレス契約者は、スマートフォンアプリに必要な充電量を入力し、EVを「ホンダ パワーチャージャー」など自宅の充電器につなぐだけ。モイクサ社の「グリッドシェア」システムを通じ、バッテンフォール社が提供する変動型電気料金を活用して、最も電力コストの安い時間帯に自動的に充電を行うことができる。

ホンダは、e:プログレスサービス開始に先立ち、新型EV『ホンダ e』のデリバリー開始と同時に、EV用充電器ホンダ パワーチャージャーを2020年初夏に欧州で発売する。

ホンダはV2G(Vehicle to Grid)の実証実験を2020年1月よりロンドンで開始。電力系統との双方向での充電・給電が可能な双方向充電器「ソスペソ&チャージ」を複数台設置し、公用車(EV)への充電、EVから建物への給電、さらに電力系統への調整力提供まで含めたエネルギーマネジメントの技術実証を行っている。最も電力需要が少ない時間帯にEVを充電し、電力需要が高まる時間帯にEVに充電した電力を建物や電力系統へ供給することで、電力需要の平準化と、再生可能エネルギー由来の電力使用拡大を目指している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース