「73」が19年ぶり復活へ…メルセデスAMG GT 4ドアクーペが800馬力オーバーに

メルセデス AMG GT73 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GT73 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GT73 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GT73 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GT73 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GT73 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GT73 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GT73 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GT73 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

メルセデスAMGが、4ドアクーペのAMG『GT』をベースに現在開発中と伝えられる高性能モデルのプロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

メルセデスAMG GTは『GTコンセプト』の市販版にあたるが、GTコンセプト発表時のスペックはフロントに4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジン、リアに電気モーターを搭載するハイブリッドモデルで、システム合計で805hpを発揮、0-100km/h加速3秒以内とされていた。これを実現するのが今回捉えたプロトタイプだという。

プロトタイプの外観は、パナメリカーナグリルを装備、鍵型のLEDデイタイムランニングライト、大型のコーナーエアインテーク、『GT63 S』と酷似したフロントエンドを持っている。またリアエンドでは、可動式リアウィング、大径のクワッドエキゾーストパイプ、アグレッシブなディフューザーが見てとれる。

市販型の車名は『GT 73』が最有力だ。1998年から2001年まで2ドアクーペ『SL』に『SL73 AMG』が設定されていた。パガーニ『ゾンダ』にも搭載された7.3リットルV型12気筒エンジンが、その名の由来だ。その「73」の車名が19年ぶりに復活することになる。

ただし、GT 73市販型に搭載されるパワートレインはV型12気筒ではなく、コンセプト同様に4.0リットルV型8気筒+電気モーターのハイブリッドモデルで、最高出力は800馬力以上、最大トルクは900Nm以上と予想されている。

GT 73のワールドプレミアは、2020年内が有力だ。

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース