ボッシュ、新開発の燃料電池車向けシステム出展へ…コネクテッドワールド2020

ボッシュの燃料電池開発現場
  • ボッシュの燃料電池開発現場
  • ボッシュの燃料電池テクノロジー
  • ボッシュの燃料電池テクノロジー
  • ボッシュの燃料電池テクノロジー
  • ボッシュの燃料電池テクノロジー
  • ボッシュの燃料電池テクノロジー

ボッシュ(Bosch)は、ドイツで2月19日に開幕する「コネクテッドワールド2020」に、燃料電池車向けに新開発した燃料電池システムを出展すると発表した。

ボッシュが新開発した燃料電池システムは、長距離走行が可能で、水素タンクの充填時間も短い。再生可能エネルギーを使用して生成された水素により、ゼロエミッション走行を実現する。

ボッシュは、スウェーデンのPowercell社と共同で、燃料電池スタックを商品化する予定だ。Powercell社は、スウェーデンのイェーテボリに本社を置く企業。2008年にボルボグループから分社した。すでにPowercell社は、トラックや自動車のプロトタイプ向けに、燃料電池を供給している。

ボッシュとPowercell社は、生産可能な固体高分子形燃料電池を共同で開発する。ボッシュは、共同開発した燃料電池をライセンスのもと、世界の自動車市場へ向けて生産する。スタックが加わることで、ボッシュの燃料電池のポートフォリオがそろうことになり、遅くとも2022年には燃料電池を市場投入することを目指す。

ボッシュは、水素と酸素を電気エネルギーに変換するスタックに加えて、燃料電池システムのすべての重要なコンポーネントを生産準備段階まで開発している、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース