【VW ティグアン 新型】クラス上のデザインとシャープな走り まとめ…価格や試乗記、サイズ

VW ティグアン TSI R-ライン
  • VW ティグアン TSI R-ライン
  • VW ティグアン TSI R-ライン
  • VW ティグアン TSI R-ライン
  • VW ティグアン TSI R-ライン
  • VW ティグアン TSI R-ライン
  • Easy Open & Easy Close機能
  • カミングホーム&リービングホーム
  • LEDテールランプ

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV『ティグアン』。現行モデルでは、新世代モジュラープラットフォーム「MQB」を採用し、スポーティなプロポーションと広い室内空間の両立を可能にした。また、インターネットとの接続性を高め、スマートフォンのミラーリング機能などに対応している。

目次

  1. コンパクトSUV、8年ぶりのフルモデルチェンジ…360万円より
  2. インターネットと接続し、新たなSUVの使い方を提案
  3. オンもオフも楽しめるオールラウンダー
  4. 【Rライン 試乗】ドイツ車のDNAを受け継いだ実用SUV…諸星陽一
  5. 【ハイライン 試乗】VWのブランド力でBMWを凌駕できるか…中村孝仁
  6. HUDやパワーテールゲートを上級グレードに標準装備
  7. 【TDI 試乗】安心感ある走り+経済性が魅力の「TDI」…島崎七生人

コンパクトSUV、8年ぶりのフルモデルチェンジ…360万円より

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、8年ぶりにフルモデルチェンジしたコンパクトSUV、新型『ティグアン』を1月17日より発売すると発表した。

新型ティグアンは、フォルクスワーゲンの新世代モジュラープラットフォーム「MQB」をSUVシリーズとして初採用した。ボディサイズは、全長4500mm(従来型比+70mm)、全幅1840~1860mm(同+30~50mm)、全高1675mm(同-35mm)と、前モデルに比べて全長と全幅を拡大した一方で、全高は低く抑えるとともにホイールベースを70mm延長。スタイリッシュでスポーティなプロポーションと広く快適な室内空間を両立している。

[続きを読む]

コンパクトSUV、8年ぶりのフルモデルチェンジ…360万円より 画像

  • VW ティグアン TSI R-ライン
  • VW ティグアン TSI R-ライン
  • VW ティグアン TSI R-ライン
  • VW ティグアン TSI R-ライン
  • VW ティグアン TSI R-ライン
  • VW ティグアン TSI R-ライン

インターネットと接続し、新たなSUVの使い方を提案

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、最新プラットフォーム「MQB」を採用した新型『ティグアン』を発表した。モデルチェンジのポイントは“つながるSUV”にあった。

発表会で挨拶に立ったVGJの代表取締役ティル・シェア氏は新型ティグアンを「SUVとして初のMQBを採用して、デザインや快適性、機能性の分野で未来を先取りするオールラウンダーとなった」と説明する。特にティル・シェア氏が力を込めたのがコネクティビティへの対応だ。

[続きを読む]

インターネットと接続し、新たなSUVの使い方を提案 画像

  • 新型ティグアンの発表会場(東京国際フォーラム)は、“つながるSUV”を前面に打ち出したスタイル
  • 『Car-Net』はWi-Fiテザリングを介してインターネットにつながる
  • 運転席周りはオーソドックスながら質感の高い雰囲気を醸し出す
  • 新型ティグアン TSI R-Line
  • “Discover Pro”のMENUを起動すると『Car-Net』の入口が表示される
  • 『Car-Net』ではNAVITIME提供による駐車情報を表示。リアルタイムの満空情報が把握できる

オンもオフも楽しめるオールラウンダー

VW『ティグアン』新型のエクステリアデザインは、“ニューエモーショナルデザイン”と呼ばれ、VW伝統の水平基調に則り、彫刻のような鋭いエッジを持ったサイドのキャラクターラインや、前後のLEDライトにより、スポーティでダイナミックになったという。

「VWのデザイナーはアイコンとなる重要な新型車が誕生する際、常に“レスイズモア”を重視し、今回のティグアンにもそれは当てはまる」とは、フォルクスワーゲングループジャパン代表取締役ティルシェア氏の弁。このレスイズモア(less is more)とは、建築家、ミース・ファン・デル・ローエの言葉で、より少ないことはより豊かなことを意味し、VWでは無駄なデザインを排することこそが、より機能美を追求できると考えているのだ。

[続きを読む]

オンもオフも楽しめるオールラウンダー 画像

VWティグアン新型VWティグアン新型

【Rライン 試乗】ドイツ車のDNAを受け継いだ実用SUV…諸星陽一

8年ぶりのフルモデルチェンジとなったフォルクスワーゲン『ティグアン』は、現行『ゴルフ』と同じMQBプラットフォームを採用した。

モデルチェンジ毎にボディサイズが大きくなりがちなフォルクスワーゲン車らしく、新型ティグアンも従来型と比べるとボディは全長で70mm、全幅で30~50mm大きくなった。全幅はすでに先代で1800mmを超えていたが、新型はじつに1840~1860mmともはやコンパクトとは呼べないほどのサイズとなった。

[続きを読む]

【Rライン 試乗】ドイツ車のDNAを受け継いだ実用SUV…諸星陽一 画像

VW ティグアン RラインVW ティグアン Rライン

【ハイライン 試乗】VWのブランド力でBMWを凌駕できるか…中村孝仁

VW『ティグアン』の試乗会からだいぶ月日がたった。試乗会は東京のど真ん中で開催されたため、正直、試乗としては不満足だったので、改めて借り出して乗ってみた。

試乗会で乗ったのは「ハイライン」という中間グレード。そして今回借りたのは、「Rライン」という名のトップグレードのモデルである。もっとも、いずれのグレードでもエンジン、トランスミッションなどのドライブトレーンは共通だし、タイヤサイズを除けば足回りも同じである。因みにハイラインは235/55R18を装着、そしてRラインは255/45R19を装着する。走った距離が異なることもあって、両車における乗り心地の明確な違いは感じられなかった。ただし、Rラインの乗り心地は突き上げ感などもほとんど感じられず、このサイズのタイヤを装着している割には非常に快適といえるレベルである。

[続きを読む]

【ハイライン 試乗】VWのブランド力でBMWを凌駕できるか…中村孝仁 画像

  • VW ティグアン Rライン
  • VW ティグアン Rライン
  • VW ティグアン Rライン
  • VW ティグアン Rライン
  • VW ティグアン ハイライン
  • VW ティグアン ハイライン

HUDやパワーテールゲートを上級グレードに標準装備

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、8月22日よりコンパクトSUV『ティグアン』(Volkswagen Tiguan)について一部仕様変更を行うと発表した。

今回の仕様変更は、ベーシックグレード「コンフォートライン」のオプションとなるアップグレードパッケージにパワーテールゲート(挟み込み防止機能、イージーオープン&イージークローズ機能付)を、セーフティパッケージにハイビームアシストを追加。上級グレード「ハイライン」「R-ライン」には、これまでオプション装備だったヘッドアップディスプレイ、ダイナミックライトアシスト、パワーテールゲートを標準装備とし、安全性や快適性の強化を図る。

[続きを読む]

HUDやパワーテールゲートを上級グレードに標準装備 画像

VWティグアンVWティグアン

【TDI 試乗】安心感ある走り+経済性が魅力の「TDI」…島崎七生人

SUV×TDI。カタログにもそんな表記がある、最新の2リットルターボディーゼルが搭載された『ティグアンTDI 4MOTION』は、まさにそういうクルマを選びたいユーザーが待っていたクルマに仕上げられている。

搭載エンジンは、前後して登場した『ゴルフトゥーランTDI』と共通。150ps/34.7kgmのスペックも同じだ。ただしJC08モード燃費は17.2km/リットルで、数値上『トゥーラン』(19.3km/リットル)との差がある。ただしコチラは第5世代ハルデックスカップリングを採用し、前後輪の駆動力を100:0~50:50で可変させる“4MOTION”を採用し、DSGも7速(パドルシフト付き)の組み合わせに。

[続きを読む]

【TDI 試乗】安心感ある走り+経済性が魅力の「TDI」…島崎七生人 画像

VW ティグアン TDI 4MOTION HighlineVW ティグアン TDI 4MOTION Highline

《滑川寛》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース