コワーキングスペースでキャンピングカーシェア Carstayと小田急が連携してサービス開始へ

INBOUND LEAGUE前にキャンピングカー「VANLIFE STORY」を駐車
  • INBOUND LEAGUE前にキャンピングカー「VANLIFE STORY」を駐車
  • Carstayと小田急電鉄が連携
  • キャンピングカー「VANLIFE STORY」

Carstayは1月31日、小田急電鉄と連携し、小田急グループ・UDSが新宿で運営する複合型コワーキングスペース施設「INBOUND LEAGUE」にて、キャンピングカーのカーシェアサービス「バンシェア」を開始すると発表した。

バンシェアは、Carstayが近日中に開始予定のキャンピングカーを含む車中泊仕様の車に特化したカーシェアのサービスだ。今回、INBOUND LEAGUEの1階に、バンシェアで共用する“動くホテル"“動くオフィス"をコンセプトにしたキャンピングカー「VANLIFE STORY」を駐車。国内外の旅行者やINBOUND LEAGUE会員などを対象に、移動できる宿泊・MTGスペースとしてキャンピングカーを提供するサービスを開始する。

利用者はINBOUND LEAGUEで、VANLIFE STORYを“動くホテル"や“動くオフィス"として利活用できるほか、バンシェアでの利用者はINBOUND LEAGUEで車両の引き取りが可能。多くの訪日外国人やビジネスパーソンなどが訪れるINBOUND LEAGUEの1階は、ツアー情報の提供や販売を行う観光案内所としても機能していることから、キャンピングカーの利用含め、Carstayのプラットフォームを利用した国内旅行や、仕事を兼ねた観光旅行の提案も行う。

大人4名まで就寝できる“動くホテル"は1泊約3万円前後で、“動くオフィス"は1時間の利用で約2000円での利用を想定している。

また、小田急電鉄が運営する地域密着型サービスプラットフォーム「ONE(オーネ)」とも連携。Carstayが進める地域密着型マーケティングの第1弾として割引クーポンをONE会員向けに展開していく。

ONEはICTを活用することで、1つのID「ONE ID」により、暮らしに密着したシェアリングやサブスクリプションサービスを手軽でお得に利用できるWEBサイト。今回の連携により、ONEに会員登録をすると、会員特典や提携サービスとして、Carstayが提供するキャンピングカーのシェアサービス「バンシェア」が初回10%割引、車中泊/テント泊スポットのシェアサービス「カーステイ」が初回20%割引で利用できる。

Carstayはさらに、小田急線狛江駅近郊に拠点を持つ、「VANLIFE」に特化したキャンピングカーの製作・提供を行うDream Driveと提携。バンシェアからDream Drive社の車両を予約、狛江駅近郊での提供を開始する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース