マイクロソフトとエリクソンが提携、次世代コネクテッドカー開発へ…CES 2020

エリクソンの「コネクテッド・ビークル・クラウド」のイメージ
  • エリクソンの「コネクテッド・ビークル・クラウド」のイメージ

エリクソン(Ericsson)とマイクロソフト(Microsoft)は、次世代のコネクテッドカーの開発で提携を結び、2020年1月に米国ラスベガスで開催されるCES 2020において、その成果を初公開すると発表した。

両社の提携では、エリクソンの「コネクテッド・ビークル・クラウド」と、マイクロソフトの「コネクテッド・ビークル・プラットフォーム」を統合する。これにより、自動車メーカーは世界中の新しいコネクテッドカーサービスの提供を加速することができるという。

具体的には、両社の提携によって自動車メーカーは、無線ソフトウェア更新、接続されたセキュリティサービスなどのグローバルな車両サービスを、コストを削減しながらより簡単かつ迅速に展開できる。

マイクロソフトのコネクテッド・ビークル・プラットフォームは、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Azure」で実行されており、クラウドインフラストラクチャ、エッジテクノロジー、AI(人工知能)とIoT(モノのインターネット化)サービスを、さまざまなパートナーのシステムと組み合わせる。

マイクロソフトは、コネクテッド・ビークル・プラットフォームを使用して、車載インフォテインメント、ナビゲーション、自動運転、テレマティクス、予測サービスなどの顧客向けソリューションを構築。すべてのデジタルサービスに、一貫したクラウド接続プラットフォームを提供している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【池原照雄の単眼複眼】深遠な車両ビッグデータと格闘するトヨタとNTTグループ…コネクティッドカーの情報通信基盤開発 画像 【池原照雄の単眼複眼】深遠な車両ビッグデータと格闘するトヨタとNTTグループ…コネクティッドカーの情報通信基盤開発
  • トヨタ、中国合弁2社と提携強化…電動化やコネクトカーの分野、低価格EVも開発へ 画像 トヨタ、中国合弁2社と提携強化…電動化やコネクトカーの分野、低価格EVも開発へ
  • ジェイテクト、AI関連技術開発のコネクトームデザインと業務提携 画像 ジェイテクト、AI関連技術開発のコネクトームデザインと業務提携
  • 加速する次世代モビリティ開発、ZFの電動コンパクト商用車e.Goムーバー…Transdevも参加 画像 加速する次世代モビリティ開発、ZFの電動コンパクト商用車e.Goムーバー…Transdevも参加

特集

おすすめのニュース