ドコモやAGCなど、5G向けガラス一体型アンテナでの通信に成功

ガラス一体型5Gアンテナを使用した通信イメージ
  • ガラス一体型5Gアンテナを使用した通信イメージ
  • ガラス一体型5Gアンテナ
  • 実証実験風景
  • 5Gガラスアンテナ設置位置

NTTドコモ、AGC、エリクソン・ジャパンは5月29日、自動車などの車室内で安定した第5世代移動通信方式(5G)による高速通信実現に向けて28GHz帯の電波送受信が可能な「ガラス一体型5Gアンテナ」を開発し、5G通信に世界で初めて成功したと発表した。

28GHz帯の周波数は第4世代移動通信方式(LTE)などで利用していた周波数帯よりも直進性が強く、車室や建物内で通信する際、電波が弱まってしまう傾向がある。電波が弱まる前に、車室のガラス面に貼り付けたアンテナで電波を送受信することで、安定した5G高速通信が可能になるとしている。

アンテナは透明性が高く、建物や車両などに設置しても視野をさえぎらず、車両や建物などへの設置の可能性が広がる。

アンテナを貼り付けた実験用車両の窓ガラスに車内で5G通信速度を検証する実証実験を2019年4月22日~2019年5月28日に、東京都墨田区周辺の市街地で実施した。時速約30kmで走行する車両で5G通信速度を検証した結果、400MHzの帯域幅で下り最大3.8Gbps、基地局から半径約100mのエリアで平均1.3Gbpsの5G通信に世界で初めて成功した。

ドコモ、AGC、エリクソンは、今回開発したアンテナを複数束ねてデータの送受信を行うMassive MIMO対応によるさらなる通信速度の向上や、基地局の設置が困難な場所や一時的な5Gの需要があるような環境で、このアンテナ活用による5Gのエリア拡充や用途拡大などを進める・

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集